株式会社Neo Sports、「アスリートの素顔を伝える」デジタルメディア「SPREAD」をリニューアル・リリース

SPREAD

5G時代に向け、スポーツの「ファンタシー」を届けるため、デジタルメディア領域でも発信をスタート

2020年11月4日

ファンタシースポーツ事業を手がける株式会社Neo Sportsは、株式会社イードより「アスリートの素顔を伝える」デジタルメディア「SPREAD」<https://spread-sports.jp>の事業譲渡を受け11月4日、同サイトをリニューアルし再創刊、サービスを開始した。編集人は、月刊誌『UMAJIN』元編集長の山田 剛が務める。

「ファンタシースポーツ」※1 事業を手がける株式会社Neo Sports(本社:東京都港区、代表取締役:島田 佳和、以下ネオスポーツ)は、株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)より「アスリートの素顔を伝える」デジタルメディア「SPREAD」の事業譲渡を受け11月4日、同サイトをリニューアルし再創刊、サービスを開始した。

ネオスポーツは2020年プロ野球シーズン開幕より、株式会社読売新聞東京本社および株式会社読売巨人軍と共に野球のファンタシーゲーム「イニングキング」※2 サービスを開始、ファンタシースポーツをメインの事業領域として取り組んで来たが、改めてデジタルのメディア領域へと拡大。さらに2021年、多種多様な競技のファンタシーゲームの積極的な導入を予定している。

「SPREAD」はアスリートの声を届けるインフォマーシャルなサイトとして再スタートを切るが今後、アスリートの記録情報などを盛り込み、動画配信やアプリ化を予定、5G時代のスポーツメディアを見据える。

※1 ファンタシースポーツはゲームの一種。インターネット・プロトコルを介し行われ、ゲーム参加者は、実際に行われるスポーツゲームを対象に、選手の実績および統計的データに基づき、ゲームの勝者を決める。プロスポーツの実際のプレーヤーを、参加者の架空のチームまたは仮想チームとしパフォーマンスを競うのが一般的。

※2 プロ野球をリアルタイムに楽しむこれまでにないゲーム。参加者は試合展開やデータをもとに、手持ちのメダルを使って得点やヒットが出るイニングを予想、的中度合いに応じメダルが与えられる。全国からの参加者の成績がランキング化され、年間や月間を通じ、どれだけメダルを増やしたかを競うファンタシーゲーム。