【MLB】大谷翔平の全46本塁打を振り返る動画が大好評 チームメートは今季一番の思い出に「SHO TIME以外にない」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

大谷翔平投手が所属するロサンゼルス・エンゼルスは、球団公式SNSに大谷が今季放った全46本塁打の動画を公開。感動のシーンが1分57秒に凝縮されており、これを見たファンは「最高」「何度でも見たい」と興奮の声を寄せている。

また、球団公式YouTubeは選手たちに今季を振り返ってもらうインタビュー動画をアップ。リラックスした様子の選手たちが「ショウヘイ・オオタニ」の名前を挙げ、「二刀流」を称えている。

◆【実際の映像】最高の1分57秒! 大谷翔平の全本塁打集にファンは「史上最高のビデオ」と大興奮

■トラウト、ウォルシュが大谷推し

エンゼルス公式Twitterは、アップした動画に「(本塁打を)荒稼ぎする投手の定義」と記し、「ショウヘイ・オオタニが打った2021年シーズンのホームラン全46本を2分以内で見ることができます」とつづり、投稿した。

今季1号から始まる映像には、泳ぎながらグリーンモンスターを越えた衝撃の逆方向弾や岩手・花巻東高の先輩、菊池雄星から放った一発などが収められている。そして、水原一平通訳が拍手を送るシーンも収められ、ファンから喝采を浴びている。

個々の選手が今季を振り返るインタビュー動画では、「今シーズン最もお気に入りの瞬間は?」という質問に対して、ジャレッド・ウォルシュが「ショウヘイ・オオタニ。それ以外にないだろ」と答えれば、「最も思い出深い瞬間」について聞かれたマイク・トラウトも「SHO TIMEを見ること」と話した。トラウトはまた、スタジアムでファンが掲げるボードの中で「ベストだったのは?」と問われ、「それはSHO TIMEでしょ。日本語で書かれている場合は分からないけどね」と笑っていた。

大谷のプレーをライブで見る機会はしばらく訪れないが、ファンは今季のプレーバックを見ながらオフを楽しく過ごせそうだ。

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

◆シーズン終わったばかりの大谷翔平へ 「1週間休んで練習開始だ」新庄剛志が“らしいエール”

◆エンゼルスGM、大谷翔平との契約交渉について明言避ける 起用方法については見解示す

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします