小塚崇彦さん、フィギュアスケートの観戦マナーについてポップに呼びかけ

元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんが、2月5日に自身のインスタグラムを更新。投稿でフィギュアスケートの観戦マナーについて呼びかけた。

「#タグ乱用」でポップに呼びかけ

本人のインスタグラムプロフィールにも「#タグ乱用」と記されているが、今回の呼びかけも多数のタグを利用して行った。多数のタグを利用して文章を作ることが、「観戦マナー」というややシリアスな呼びかけを抵抗なくフォロワーに受け入れさせる効果を発揮している。

#ジャンプの時 #太陽が #眩しい #何が言いたいかと #言いますと #演技中は #フラッシュたかないでね #よろしくお願い致します #唐突 #フィギュアスケート #観戦マナー #ホワイトサカス #ネスカフェ

上記が小塚さんの投稿したインスタグラムの文章。全日本選手権や世界選手権、バンクーバーオリンピックで日本代表に選出されるなど、世界的な活躍を収めたフィギュアスケーターが呼びかけるからこそ、より効果が発揮されるのだろう。

ファンからも賛同の声が

ファンも、「観戦マナー、必要なことですよね!」「マナーを守って楽しく観戦ですね」などとコメントしており、改めて観戦マナーの大切さを意識した様子が伺えた。

小塚崇彦 オフィシャルサイト http://takahiko-k.com/

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします