【毎日王冠/データ攻略】秋の異種格闘技戦 注目すべきは「血統」と「距離」で連対率100%を誇るあの馬

今週は東京競馬場で毎日王冠(芝1800m)が行われる。かつてはサイレンススズカvsエルコンドルパサーvsグラスワンダーというドリームマッチが実現したレース。3歳馬が古馬との戦いに身を投じ、マイラーも中距離馬も参戦可能な距離だからこそ「異種格闘技戦」が見られるのだろう。

この記事ではデータ面から毎日王冠を紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【毎日王冠2021予想/データ攻略・後編】狙うは「人気薄3着」のヒモ荒れ 注目は東京への舞台替わりがプラスに働く穴馬

■ダノンキングリーを後押しする「ふたつの100%データ」とは

年明け初戦となった安田記念で待望のGI制覇。グランアレグリアを下す大金星をあげたダノンキングリー。GI馬として臨む秋初戦。前走がフロックではないことを証明したい一戦だが、ここで取り上げたいデータはこちら。

・ディープインパクト×Storm Catの配合馬【3-1-0-0】

該当馬はエイシンヒカリ、リアルスティール、サトノアラジン。残る1頭は2019年の勝ち馬であるダノンキングリー自身だ。芝1800mでは【3-0-0-0】と負け知らず。この距離で下した相手はアドマイヤマーズ、アエロリット、インディチャンプ、ラッキーライラックとGI馬がズラリと並ぶ。マイル-中距離戦線の制圧に向けて視界は良好と言えよう。

■シュネルマイスターの追い風となる「サンデーレーシング」

そのダノンキングリーと安田記念で接戦を演じたのが3歳馬シュネルマイスター。間隔の詰まったローテーションで臨んだ当時。必ずしもベストコンディションとは言えないなかでの好走は高く評価できるもので、はたして逆転の目はあるのか。 追い風となるデータがこちら。

・サンデーレーシング所属馬【2-2-0-2】

さきほど名前が挙がったリアルスティール、アエロリットもこれに該当。毎日王冠×サンデーレーシング所属馬はゴールデンコンビといって差し支えないレベルにある。毎年のように秋の東京で「無双状態」にさしかかるC.ルメールが跨る本馬。鞍上の力を借りつつ、狙うは古馬超えだ。

後編ではデータ面から浮上する毎日王冠の穴馬候補2頭を紹介する。

◆【毎日王冠2021予想/データ攻略・後編】狙うは「人気薄3着」のヒモ荒れ 注目は東京への舞台替わりがプラスに働く穴馬

毎日王冠2021・京都大賞典2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【毎日王冠】シュネルマイスターに辛口「B」評価 肉体的な成長と調整量は十分も「割り引きたい点が……」

◆【毎日王冠】闘志に点火した穴馬 レースまでに良化の雰囲気で高評価「A」

◆【毎日王冠】前走惜敗の有力馬に「A」の高評価 夏を越して全体的な底上げで本格化へ

◆【毎日王冠】最高評価「S」は前走以上の気配にある実力馬 「体調面にまったく不安がない」

▼穴馬予想
◆【京都大賞典/穴馬アナライズ】前日オッズ10倍以上の伏兵馬 実績上位で「馬券圏内も十分あり得る」

◆【京都大賞典/穴馬アナライズ】得意の舞台で輝く人気の盲点 相性抜群の「血統」で今年も高配当演出へ

◆【京都大賞典/穴馬アナライズ】波乱の立役者は前走大敗の伏兵 乗り慣れた鞍上で巻き返しに期待

▼データ予想
◆【毎日王冠/騎手データ】高い馬券内率を誇る3騎手のボックス推奨 勝率33%→50%の“爆跳ね”条件にも着目

▼危険な人気馬
◆【毎日王冠】「最強3歳世代」には明と暗あり 天皇賞秋への前哨戦で「買うべきではない」一頭とは

◆【京都大賞典】“コントレイル世代”は強いのか ジャパンカップに繋がる一戦で「買うべきではない」一頭とは

▼その他、データ傾向
◆【毎日王冠/脚質傾向】GI馬の始動戦は波乱の様相か 馬券的中のヒントは「逃げ馬」を見つける事

◆【毎日王冠/前走ローテ】「エプソムC組」が最多6連対も該当馬なし、距離別成績から見えてくるものとは

◆【毎日王冠/枠順】2強が入った枠は「過去10年勝利なし」の高い壁 注目は複勝率42.1%を誇る「6枠」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「毎日王冠」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします