【ラリー】TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team、2022年のWRC参戦ドライバーを発表 ラッピが復帰

2022年のWRCを戦うエバンス、ロバンペラ、オジエ、ラッピ(左から)(C)TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、2022年のFIA世界ラリー選手権(WRC)を戦う、ドライバーのラインナップを決定。チーム3年目となるエルフィン・エバンス(英)、カッレ・ロバンペラ(フィンランド)、セバスチャン・オジエ(仏)に加え、2017~2018年にかけてチームの一員としてWRCを戦った、エサペッカ・ラッピ(フィンランド)が復帰する。

◆「世界一過酷」な大砂漠のレース、その光と影 ダカールラリー2021を振り返って

■全員がWRC優勝経験者という強力な布陣

WRCは、来シーズンより現行のWRカー(ワールドラリーカー)に替わり、ハイブリッドシステムを搭載するRally 1がトップカテゴリーとなる。同チームは現在、新しい技術規則のもと、2022年に向けて開発の最終局面を迎えている。ドライバーに関してはWRC優勝経験のある強力な4人を確保した形。エバンスとロバンペラは全戦で新しいRally 1をドライブ、フルタイム出場を今シーズン限りで終了するオジエは、ラッピと3台目のシートを共有する。

エバンスは、コ・ドライバーのスコット・マーティンと共に2020年、チームに加入しラリー・スウェーデンラリー・トルコで優勝。最終戦までもつれ込んだドライバーズタイトル争いでオジエに次ぐ選手権2位を獲得するなど、チャンピオンとなる力を備えていることを証明済み。今シーズンに関しては、第4戦ラリー・ポルトガルと、先週末に行なわれた第10戦ラリー・フィンランドで優勝し、あと2戦を残した状況で今年もオジエとタイトル争いを繰り広げている。

21歳になったばかりのロバンペラと、コ・ドライバーのヨンネ・ハルットゥネンは昨年、トップカテゴリーのWRカーで臨んだ最初のシーズンだったにも関わらず、2戦目で表彰台を獲得。そして、今シーズンは第7戦ラリー・エストニアで圧倒的な速さを示し、WRC最年少記録となる20歳で初優勝。さらに、第9戦アクロポリス・ラリー・ギリシャでも優勝するなど大きな注目を集めている若手。父のハリ・ロバンペラも元WRCドライバー。かつて「ラリー・ジャパン」に参戦しており、日本での知名度も高い。

オジエは、ヤリスWRCで戦った初年度の2020年に、通算7回目のドライバーズタイトルを獲得。37歳のベテランは今シーズン、ラリー・モンテカルロ、クロアチア・ラリー、ラリー・イタリア・サルディニア、サファリ・ラリー・ケニアと4勝しており、2位のエバンスに24ポイント差をつけチャンピオンシップをリードしている。その実力は依然WRC最高レベルながら、来年は「ラリー以外の活動にも時間を割きたい」という個人的な考えから、WRCフル参戦は今年が最後となる。

また、長年オジエとコンビを組み、コ・ドライバーとして世界タイトルを獲得してきたジュリアン・イングラシアは、今年いっぱいでその輝かしいキャリアに幕を下ろす。後任には、すでに数年間にわたってテストや、ターマックラリーにおけるグラベルクルーとしてオジエと緊密に関わってきたベンジャミン・ヴェイラが就任。オジエが来シーズン出場するレースは、後日決定となる。

ラッピは、チーム参戦初年度の2017年にドライバーのひとりとして加わり、WRカーによる出場4戦目だった母国のラリー・フィンランドでヤリスWRCを駆り、記念すべきWRC初優勝を飾った。また、2018年は表彰台に3回立ち、チームのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献した後、移籍。しかし、先週のラリー・フィンランドでは、コ・ドライバーのヤンネ・フェルムとともに、プライベーターとして久々にヤリスWRCのステアリングを握り、総合4位という好成績を残し、その実力を示した。

トヨタは今年と変わらぬ3人のドライバーに、チーム創成期のメンバーだったラッピを加え、全員がWRC優勝経験者という強力な布陣で2022年に挑む。来年こそは、新生「ラリー・ジャパン」の舞台で、この4人の走りを目撃したいものだ。

◆TOYOTA GAZOO Racing、エースのナッサー・アル-アティヤを筆頭に4台体制でダカールラリー2022参戦を発表

◆三菱自動車「ラリーアート」復活の青写真予想

◆北米三菱自動車がアウトランダーで「レベル・ラリー」参戦を発表 「砂漠の女王」パリダカ制覇記念

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします