【毎日王冠/枠順】2強が入った枠は「過去10年勝利なし」の高い壁 注目は複勝率42.1%を誇る「6枠」

第72回・毎日王冠(GII、芝1800m)の枠順が8日、発表された。

安田記念で待望のGI初勝利を挙げたダノンキングリーは5枠7番に、NHKマイルC覇者シュネルマイスターは1枠1番に、ドバイターフで2着に好走したヴァンドギャルドは8枠12番に入った。

◆【毎日王冠2021予想/前走ローテ】「エプソムC組」が最多6連対も該当無し、距離別成績から見えてくるものとは

■上位人気想定の2頭が入った枠は苦戦傾向か

上位人気が予想されるダノンキングリーが入った5枠は、過去10年で【0-1-2-13】と一度も勝っておらず、連対率も6.3%と振るわない成績になっている。こちらも上位人気が予想されるシュネルマイスターが入った1枠は過去10年で【0-0-2-9】と一度も連対したことがない「鬼門の枠」となっており、シュネルマイスターにとっては高い壁となりそうだ。

一方、過去10年で2勝を挙げ、単勝回収値も138%と優秀な2枠にはサンレイポケットが入った。

■最多勝利数3を誇る6枠には伏兵馬が入る

過去10年で好成績を残しているのは、最多タイとなる3勝を挙げている6枠だ。勝率15.8%、連対率26.3%、複勝率42.1%と非常に優秀で、昨年の3着馬サンレイポケットや17年1着馬リアルスティールらが6枠から好走していた。

今回6枠に入ったダイワキャグニーヴェロックスはそこまで人気を背負わずにレースを迎えられそうで、2頭が好枠を生かして波乱を起こすことも警戒しておきたいところだ。

◆【毎日王冠2021予想/データ攻略】秋の異種格闘技戦 注目すべきは「血統」と「距離」で連対率100%を誇るあの馬

◆【京都大賞典2021予想/危険な人気馬】“コントレイル世代”は強いのか ジャパンカップに繋がる一戦で「買うべきではない」一頭とは

◆【毎日王冠2021予想/危険な人気馬】「最強3歳世代」には明と暗あり 天皇賞秋への前走戦で「買うべきではない」一頭とは

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします