大谷翔平の契約延長交渉、間もなくスタートか MLB公式サイトがエンゼルスの抱える“5大問題”に注目

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

MLB公式サイトは11日、「この冬、エンゼルスが直面する5つの重要な問題」というテーマで記事を掲載。来季のチーム編成にかかわる課題5つがピックアップされ、その中の1つに取り上げられたのが、大谷翔平投手の契約延長問題。懸案事項として指摘され、注目を集めている。

◆【動画】メジャーを沸かせた大谷翔平の美しく、圧倒的なスイングを一挙振り返り…米放送局が制作した「大谷がホームランを打った瞬間」だけをまとめたスペシャル動画

■オフの後半に動きが出る可能性

MLB公式サイトのレット・ボリンジャー記者は「チームには大きな問題が立ちはだかっている」と指摘。そしてチームを編成する上で、これまで以上に大事なオフシーズンになると記し、課題を5つ挙げた。その中で5番目に挙げたのが、「オオタニは契約延長に応じるか?」というもの。

記事によると、大谷とチームの契約はあと2シーズン残っているものの、エンゼルスサイドとしては2019年のマイク・トラウトと同様、このオフで契約延長にこぎつけたい意向があるとし、交渉も間もなく始まると予想している。ただ、大谷サイドはオフの後半まで待って決断する可能性が高いと見ており、合意に至るにはまだ時間がかかるだろうと結論付けた。

トラウトは2年前、現在の大谷と同じく契約を2年残している段階で、12年4億2650万ドル(約469億円)という破格の内容で契約を結び直したが、大谷の決断は果たして……。

残り4つの課題は、「一流の先発投手を獲得できるか?」「ライセル・イグレシアスとアレックス・コブとは再契約するのか?」「遊撃を改善するために何をするか?」「エンゼルスはどれくらいの金額を使うつもりなのか?」となっている。

投手陣の整備、遊撃手の確保、補強費、そして大谷の再契約。エンゼルスがやるべきことは山積しているが、大谷が会見で吐露した「勝つことが一番」という思いを体現できるチームに生まれ変わることができるのか、オフの動向に注目が集まっている。

◆【動画】メジャーを沸かせた大谷翔平の美しく、圧倒的なスイングを一挙振り返り…米放送局が制作した「大谷がホームランを打った瞬間」だけをまとめたスペシャル動画

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

◆大谷翔平も着用、スラムダンクTシャツ販売開始 一部サイズは早くも“品切れ”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします