【サッカー】ドイツが世界最速でW杯切符獲得 クリロナは58度目のハットトリック達成 欧州予選

ハットトリックを決めたクリスティアーノ・ロナウド(C)ロイター

2022年のカタールW杯の欧州予選が11、12日、各地で行われた。グループJではドイツ北マケドニアを4-0で撃破。勝ち点を21に伸ばし、18大会連続20度目の本大会出場を決めた。2試合を残してのグループ1位確定で、各大陸を通じて予選突破一番乗りとなった。

ドイツ・サッカー連盟公式サイトによると、ハンジ・フリック監督は「望んでいた予選通過ができた」と話し、安堵感を漂わせていた。



◆【実際のゴールシーン】クリロナのクラブ、代表を通じて58度目となるハットトリック

■W杯の出場チームが決まり始める

また、グループFのデンマークオーストリアを1-0で下し、2大会連続6度目のW杯出場を決めた。予選8試合で27得点・無失点と圧倒的な強さを発揮。無傷の8連勝でW杯切符獲得となった。

グループAに所属するポルトガルは、ホームでルクセンブルク相手に5-0で圧勝した。この試合でFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリック(クラブ、代表を通じて58度目)を達成。

スペイン紙「マルカ」は、「ルクセンブルクはクリスティアーノ・ロナウドを見るたびに悪夢を見る」「(クリスティアーノ・ロナウドは)36歳になった今も元気に活躍している」と記し、衰えぬ得点力を称賛した。

グループAは勝ち点17のセルビアが首位に立ち、1試合消化の少ないポルトガルが勝ち点16で2位となっている。

◆サウジアラビア4連勝 森保ジャパン豪州に勝っても“残り全勝”ほしい状況に変化なし

◆田嶋会長、森保監督の進退問題「考えるタイミングではない」体制維持へ

◆豪州に薄氷勝利で「首の皮一枚」がトレンドワード

文・SPREAD編集部




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします