ラモス瑠偉、ビーチサッカーの視察のはずが「一緒にプレーしちゃいました」

(c)Getty Images

元サッカー日本代表で、現在はビーチバレー日本代表監督を務めるラモス瑠偉さんがインスタグラムを更新し、沖縄でビーチサッカーの練習に参加してきたことを報告している。

沖縄の青い空と海、そして白い砂浜に抱かれながら、地元のビーチサッカーチームと笑顔で写真を撮るラモスさん。その姿はハッシュタグにもなっている「60代現役」そのものだった。

視察のはずが一緒にプレー

ブラジルのリオデジャネイロで生まれ、1977年に来日したラモスさんは、ヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)や日本代表で活躍し、日本のプロサッカー発足当時からサッカー界を盛り上げた立役者のひとりでもある。

現役時代にはブラジル仕込みの華麗なテクニックはもちろん、闘志を全開にして戦う姿でもファンを沸かせた。

その溢れるサッカーへの情熱は現役を退いても衰えることがない。沖縄のビーチサッカーチームが行っている合同練習を視察するはずが、選手たちのプレーに感化され「見てるだけじゃ物足りなくて」と、結局は一緒にプレーしてしまったという。

ラモスさん率いるビーチサッカー日本代表は、2019年のFIFAビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)優勝を目指している。

2005年大会では指揮官として4位入賞を果たしているだけに、それ以上の活躍が期待される。

≪関連記事≫

ラモス瑠偉が代表合宿訪問!香川真司との新旧10番そろい踏みにファン興奮

ラモス瑠偉と宇梶剛士が2ショット!熱い男同士の共演が渋くてカッコいい

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします