【MLB】MVP最終候補者に選出された大谷翔平 来季へ向けてすでにトレーニング開始 米紙報道

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

全米野球記者協会は8日(日本時間9日)、記者投票によって決まる主要4賞のファイナリスト(各賞3人)を発表。ア・リーグMVPの最終候補に大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス)が入った。今月18日(同19日)に今年の受賞者が発表され、大谷がMVPを獲得すれば、2001年のイチローシアトル・マリナーズ)以来の快挙となる。

◆【スケジュール一覧】大谷翔平が受賞する賞の発表日はいつ…… 気になる日程まとめ

■米紙「選ばれなかったらショックは大きい」

今シーズン、「リアル二刀流」としてメジャーを席巻した大谷。すでに今オフは、MLB選手間投票の優秀選手、米メディアの年間最優秀選手に選ばれたほか、MLBコミッショナー特別功労賞など多くの名だたる賞を受賞しており、MVP獲得も本命視されている。

MLB公式サイトは「ショウヘイ・オオタニがア・リーグMVPの最終候補者にノミネートされた。2021年の活躍を考えれば当然のことだ」とし、“当たり前”を強調。米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は、大谷とブラディミール・ゲレーロjr.が選ばれるのは当然として、もう1人の候補が誰になるのか(結果はマーカス・セミエン)、そちらが現実的な話題だったと記した上で、「もしオオタニがMVPに選出されなかった場合のショックは大きい」と伝えた。

大谷がMVPを獲得した場合、エンゼルスの選手としては1979年のドン・ベイラー、2004年のブラディミール・ゲレーロ・シニア、2014、2016、2019年のマイク・トラウト選手に続き、6度目の受賞となるという。

米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」はMVPの話題とともに大谷の近況にも触れており、ペリー・ミナシアンGMのコメント掲載。それによると、大谷はオフシーズンのトレーニングプログラムの一環であるワークアウトを開始しており、同GMは「彼はすでに来年のことやチームのことを考えている」と話したという。表彰ラッシュの喧騒から身を置き、大谷は来シーズンへ向けて動き出しているようだ。

■全米野球記者協会選出のファイナリスト一覧

<ア・リーグ>

●新人王
ランディ・アローザレナ(タンパベイ・レイズ)
ワンダー・フランコ(タンパベイ・レイズ)
ルイス・ガルシア(ヒューストン・アストロズ)

●最優秀監督賞
ダスティ・ベイカー(ヒューストン・アストロズ)
ケビン・キャッシュ(タンパベイ・レイズ)
スコット・サーヴェイス(シアトル・マリナーズ)

●サイ・ヤング賞
ゲリット・コール(ニューヨーク・ヤンキース)
ランス・リン(シカゴ・ホワイトソックス)
ロビー・レイ(トロント・ブルージェイズ)

●MVP
ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)
大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)
マーカス・セミエン(トロント・ブルージェイズ)

<ナ・リーグ>

●新人王
ディラン・カールソン(セントルイス・カージナルス)
ジョナサン・インディア(タンパベイ・レッズ)
トレバー・ロジャース(マイアミ・マーリンズ)

●最優秀監督賞
クレイグ・カウンセル(ミルウォーキー・ブルワーズ)
ゲイブ・カプラー(サンフランシスコ・ジャイアンツ)
マイク・シルト(セントルイス・カージナルス)

●サイ・ヤング賞
コービン・バーンズ(ミルウォーキー・ブルワーズ)
マックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ/ロサンゼルス・ドジャース)
ザック・ウィーラー(フィラデルフィア・フィリーズ)

●MVP
ブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)
フアン・ソト(ワシントン・ナショナルズ)
フェルナンド・タティスJr.(サンディエゴ・パドレス)

◆エンゼルスは大谷翔平の「勝ちたい」に応えるのか 数字で見た課題と補強ポイント

◆10月だけで驚異の“7冠”達成 大谷翔平、ここまでの「賞タイム」を一挙振り返り

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします