【エリザベス女王杯/追い切りジャッジ】重賞3勝馬ウインマリリン 中間“一頓挫あり”の影響は……

■ウインマリリン

【中間調整】前走オールカマーは5カ月ぶりの一戦。14キロ増だったが太くは見せず、いい仕上がりで臨み正攻法から抜け出しての快勝を収めている。その後は悲願のGI勝ちを目指し、在厩でエリザベス女王杯で向かうことに。しかし中間、過去に手術を施した右肘が腫れ熱発。オールカマー直前のハードワークが祟ったのかもしれない。幸い熱は下がり、10月13日の坂路15-15から時計を再開。20日にはウッドで乗れており、腫れは一応問題のないレベルまで収まったようだ。11月3日には横山武騎手を背に、オープン馬相手に併せ馬。相手はそこまで稽古で走るタイプではなかったが、気持ちが乗り切らず届かずの遅れ入線に終わっている。

◆【エリザベス女王杯2021予想/追い切りジャッジ】下位人気想定の穴馬に高評価 「大仕事をやってのける可能性は十分にある」

【エリザベス女王杯/追い切りジャッジ】下位人気想定の穴馬に高評価 「大仕事をやってのける可能性は十分にある」

【最終追い切り】最終追いは輸送を考慮し、ウッド単走のセーブ気味な内容。序盤はいささかモタモタした雰囲気だったが、別組の併せ馬が視界に入った直線でようやく気持ちを乗せ、まずまずの伸びを見せた。

【見解】1週前追いの動きは、いかにも右肘の腫れによる調整遅れが影響した感があった。最終追いもラストこそまずまずだったが、全体的な気迫はいまひとつ。万全とは言い切れないが、それでも3週続けてウッドで格好のつく数字は出せている。本当に走れない状態なら、まだ先がある馬だし陣営は見送る選択を取るはず。自分の競馬はできるのでは。

総合評価「B」

▼その他追い切り予想
◆【エリザベス女王杯2021予想/追い切りジャッジ】有力馬を上回る「S」評価は前走惜敗馬 名手の“最後の味付け”完了でいざ復権Vへ

【エリザベス女王杯/追い切りジャッジ】有力馬を上回る「S」評価は前走惜敗馬 名手の“最後の味付け”完了でいざ復権Vへ

◆【エリザベス女王杯2021予想/追い切りジャッジ】上位人気馬に「A」評価 「名門厩舎」の絶妙なさじ加減で高値安定

【エリザベス女王杯/追い切りジャッジ】上位人気馬に「A」評価 「名門厩舎」の絶妙なさじ加減で高値安定

エリザベス女王杯2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ/前編】ラヴズもクロノも3歳時は完敗……カギを握る3歳馬の“取捨”

◆【穴馬アナライズ/後編】堅実な末脚はメンバー随一 前日10人気前後の“盲点”を抜擢

◆【穴馬アナライズ/後編】前走敗戦は「展開のアヤ」 この人気なら積極的に“買い”

◆【穴馬アナライズ/後編】単勝オッズ20倍以上の“伏兵” 馬場状態を加味すれば急浮上

◆【危険な人気馬/前編】3強の一角は“消し” 非根幹距離の女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬/後編】レイパパレを上回る「鬼脚」を持つ伏兵馬 得意の右回りで波乱を巻き起こす

▼データ予想
◆【データ攻略/前編】秋の女王決定戦は波乱の様相 東の有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」とは

◆【データ攻略/後編】「人」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた「騎手×西の厩舎」の組み合わせ

◆【騎手データ】条件合致で過去「100%」データの2騎手 大穴は“阪神芝2200mの鬼”

▼その他データ傾向
◆【枠順】好枠にGI制覇を目論むウインキートスが入る 上位人気2頭は内目の枠へ

◆【血統傾向】阪神芝2200mで活気づく「ヌレイエフ」 該当する穴馬に“大駆け”警報

◆【脚質傾向】阪神開催の女王決定戦、ポイントは「上がり最速」 注目すべき人気馬とは

◆【前走ローテ】最多連対は前走「府中牝馬S組」も、複勝率42.9%を誇る別路線組に注目

◆【人気傾向】昨年勝利も1番人気が不調な女王決定戦 注目すべきは5年連続好走中の「3番人気」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします