【エリザベス女王杯/馬場情報】阪神芝は前年の高速馬場とは“雲泥の差” 人気薄の差し・追込馬に警戒

第46回エリザベス女王杯(GI、芝2200m)が行われる阪神競馬場の馬場情報が14日、JRAより発表された。阪神は芝、ダートともに「良」の発表。芝のクッション値は「標準/9.8」と計測された。

◆【エリザベス女王杯2021予想/追い切りジャッジ】最上位「S」評価は前走惜敗馬 名手の“味付け”完了で復権へ

■前年より2、3秒は時計を要する

土曜阪神芝のクッション値は「標準/9.5」。阪神9R・岸和田S(スカーフェイス)の勝ち時計は芝2000m2分1秒1(良)で、前年(ポタジェ)の1分58秒4(良)とは大きく差がある。また、阪神11R・デイリー杯2歳S(セリフォス)も芝1600m1分35秒1で、こちらも前年(レッドベルオーブ)の2歳コースレコード1分32秒4とはほど遠い。

ラッキーライラックが制した昨年のエリザベス女王杯は阪神芝2200m2分10秒3と高速決着だったが、今年は2、3秒ほど遅いイメージか。明らかに前年と比べて時計を要する馬場コンディションだ。

なお、土曜阪神芝の内回りコースで行われた前述の岸和田Sは、前半1000m61秒8とスローながら先行勢の脚が止まり、4角で11頭立て8番手に構えていた9番人気のスカーフェイスが大外一気で差し切った。最後の直線はタフな末脚が問われ、差し・追込馬の台頭にも警戒したい。

14日午前に計測された阪神芝・ダートの含水率、芝のクッション値は以下のとおり。

当日/11月14日(日曜)

含水率
┗ゴール前=芝10.1%|ダ7.1%%
┗4コーナー=芝10.4%%|ダ7.1%%
芝のクッション値=9.8[標準]

前日/11月13日(土曜)

含水率
┗ゴール前=芝10.4%|ダ8.6%
┗4コーナー=芝10.8%|ダ8.7%
芝のクッション値=9.5[標準]

前年/11月1日(エリザベス女王杯当日)

含水率
┗ゴール前=芝8.6%|ダ3.8%
┗4コーナー=芝8.9%|ダ4.5%
芝のクッション値=9.8[標準]

◆【エリザベス女王杯2021予想/穴馬アナライズ】堅実な末脚はメンバー随一 前日10人気前後の“盲点”を抜擢

◆【エリザベス女王杯2021予想/危険な人気馬】レイパパレを上回る「鬼脚」の伏兵馬 得意の右回りで波乱演出

◆【エリザベス女王杯2021予想/データ攻略】秋の女王決定戦は波乱の様相 有力馬2頭に立ちはだかる「2つの壁」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします