大坂なおみ、全米女王としてフォトセッション…優勝した実感より「いまは疲れてる」

全米オープンテニスで女子シングルスを制し、日本人初の優勝を成し遂げた大坂なおみ選手。一夜明けた9月9日、優勝者として恒例のフォトセッションに臨んだ。

真っ白いワンピースで登場した大坂選手は、50名以上の報道陣が集まる前で銀色の優勝トロフィーを掲げ、笑顔でカメラマンからの要求に応えていた。

天気はあいにくの雨だったが、グランドスラム女王として初の大役を勤め上げた。


撮影の様子を自身のインスタグラムで公開した大坂選手に、ファンからも祝福の声が多く寄せられている。

  • 今後も続く最初の1回になるかもしれませんね。この瞬間を楽しんで下さい。
  • 土曜日に世界が目撃したのは、あなたが素晴らしいチャンピオンであり、素晴らしい人物であることを証明しています
  • 全米オープン初優勝おめでとう。これだけでは終わらないと確信しています。
  • ドレスもトロフィーもとても似合っていますね。

優勝した実感はこれから?

優勝者としてメディア対応に追われ、慌ただしい1日を過ごした大坂選手は、フォトセッション後のインタビューでも「優勝した実感より、いま一番感じているのは疲れ」と笑顔の中に疲労感をにじませながら答えている。

「まだ現実だと感じられません。いま感じているのは、とても疲れているということですね。それが一番感じていることです。もっと幸せを感じ始められるといいのだけど」

周囲が静かになってホッと一息ついたときに、ようやく優勝の実感が湧いてくるのかも知れない。

《関連記事》

大坂なおみ、荒れた試合を乗り越え全米オープン優勝!「なおみちゃん可哀想」の声も

大坂なおみ、全米オープン優勝も試合後にバナナをパクリ…ネット上では「かわいい」「大物」

大坂なおみが憧れる、セリーナ・ウィリアムズの「圧倒的ラスボス感」がすごい

松岡修造が大坂なおみにインタビューする様子がカオス

スピーチも絶賛された大坂なおみ、素顔は内気で漫画好きな一面も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします