大阪桐蔭・根尾はポケモンに例えるとイーブイ?遊撃手、投手、外野手…様々な進化系を秘める

U-18アジア選手権を3位で終え、来年のW杯出場権を獲得した侍ジャパン。今年の夏の甲子園を沸かせた選手たちが集結したものの優勝には届かず、悔しい結果となった。

それでも、大阪桐蔭のドラフト注目コンビ・藤原恭大選手と根尾昂選手が大会ベストナインに選出され、能力の高さをアピールしている。

根尾選手は大阪桐蔭では遊撃手と投手を兼任。侍ジャパンでは投手と外野手を任され、複数のポジションをそつなくこなしてきた。

遊撃手としては、抜群の身体能力を活かして守備範囲の広さを見せつけ、投手としてはMAX150キロの直球を武器に打者を抑える。侍ジャパンでは慣れない外野手のポジションでも水準以上のプレーをこなし、適応能力の高さを見せた。

ドラフト1位でプロの世界に飛び込むことが確実視されているが、多才すぎるゆえに遊撃手なのか外野手なのか、投手なのか、はたまた大谷翔平選手のような二刀流でプロの道を歩むのか注目が集まっている。

SNSではポケモンに例えると「イーブイ」という声

SNSでは、多才な根尾選手をポケモンに例えると「イーブイ」だという声が上がっている。

「イーブイ」と言えば、様々な種類の進化系を持つポケモン。環境によって多彩なポケモンに進化する可能性を秘めている。

根尾選手も入団する球団によって様々な“進化系”が期待されていることからこのように言われているのだろう。

今秋には冠ゲームソフトの発売も予定されている人気ポケモンのイーブイ。根尾選手も同時期のドラフトで指名され、プロ野球で“進化”することを期待したい。

≪関連記事≫

【甲子園】桐蔭・根尾昂のパワプロ応援歌がかっこよすぎる…人気バンドKEYTALKのメンバーも絶賛

【甲子園】大阪桐蔭・中川卓也が流した涙…「周りのみんなが支えてくれた」

【甲子園】奇跡的なタイミングで現れた虹に感動の声…金足農・吉田輝星の涙が秋田と甲子園を繋ぐ

【甲子園】大阪桐蔭・柿木蓮は脅威の高校生!いろいろと“プロ並み”だと話題に