【MLB】エンゼルスが防御率0.95のループを獲得 大谷翔平に心強い救援左腕

エンゼルスが獲得したアーロン・ループ(C)ロイター

ロサンゼルス・エンゼルスは22日(日本時間23日)、ニューヨーク・メッツアーロン・ループを獲得したことを発表。ループは今季、65試合に登板し、6勝0敗で防御率0.95と安定した成績を残した。

今季、エンゼルスのチーム防御率は4.67とア・リーグ16チーム中12位と低迷。投手陣の再建が急務とされていた中、貴重な中継ぎ左腕の獲得に成功した。

◆大谷翔平は来季サイ・ヤング賞の“大穴” 米メディアが早速予想「球界で五指に入るポテンシャル」

■大谷翔平の勝ち星にも影響も

ループは、左の変速サイドスロー投手、フォーシームを投じる割合が低く、シンカー、カッター、チェンジアップなどが持ち球。今季は被本塁打は1、被打率.192とメッツの中継ぎ陣を支えた。

エンゼルスは今季、リードしている場面で登板の多かったスティーブ・シーシェク(74試合登板、防御率3.42)、マイク・メイヤーズ(72試合登板、防御率3.84)の2投手が、大谷の勝ち星を消すなど打ちこまれるシーンも目立った。7月28日(同29日)のコロラド・ロッキーズ戦後には、地元紙「ジ・アスレチック」のブラム氏が「ブルペンの補強なしで勝ち続けることは難しい」とツイートするなどシーズンから中継ぎ陣が課題だった。

エンゼルスは16日(同17日)、メッツからノア・シンダーガードを獲得しており、積極的に投手陣を補強している。チームは大谷の「勝ちたい」という要望に向け補強の意志を示しており、救援陣の補強は「投手・大谷」の勝ち星にも大きく影響しそうだ。

◆エンゼルスは大谷翔平の「勝ちたい」に応えるのか 数字で見た課題と補強ポイント

◆大谷翔平と剛腕コンビ結成 エンゼルス、シンダーガード獲得でローテ強化

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします