【チャンピオンズC/血統傾向】穴馬が100%持つ配合から浮上 条件合致は4歳世代の“刺客”

秋のダート王を決めるチャンピオンズカップ(GI、中京ダ1800m)が5日、中京競馬場で行われる。

昨年の覇者で、ドバイワールドC2着のチュウワウィザード、今年の桜花賞馬でダート初参戦のソダシ、帝王賞を上がり最速で制したテーオーケインズ、2月のフェブラリーSでGIを初勝利し、史上4頭目の同一年春秋制覇を狙うカフェファラオなどが出走する。

ここでは予想のヒントになる「血統傾向」を分析していく。

◆【チャンピオンズカップ2021予想/追い切りジャッジ】「S」評価は“最高潮の域”に達した有力馬 「本番でどれだけ弾けるのか楽しみ」

【チャンピオンズC/追い切りジャッジ】「S」評価は“最高潮の域”に達した有力馬 「本番でどれだけ弾けるのか楽しみ」

■スピード、パワー、持続力を備え持ったゴールドアリュール系が好成績

中京ダ1800mは、急坂途中からスタートし、向正面途中から下り坂になり、最後の直線では2度目の急坂を迎えるなどアップダウンが多くパワーやスタミナが必要である。また、直線も約410mと長いため、スピードの持続力も問われるコースだ。2016年以降の同条件重賞であるチャンピオンズカップと東海S(京都開催時は除く)の種牡馬成績は以下の通り。

国内ダート路線の代表的な種牡馬であるゴールドアリュールが最多の2勝を挙げており、回収値も100%を超えている。ゴールドアリュールを父に持つ種牡馬も含めると、【3-2-2-12】勝率15.8%、複勝率36.8%、単勝回収値124、複勝回収値161と信頼を置ける数字を残している。なかでも、前走と同距離、または距離延長の場合は【3-2-2-7】勝率21.4%、複勝率50%、単勝回収値168、複勝回収値219と数字が跳ね上がる。

今年出走予定のゴールドアリュール系はオーヴェルニュ(父スマートファルコン)、サンライズノヴァ(父ゴールドアリュール)の2頭。なかでも注目は中京ダ1800mで【3-0-0-0】と相性抜群のオーヴェルニュ。前走は不得意な距離短縮ローテでの敗戦だったものの、今回は最多の5勝を挙げている前走と同距離からのローテになるだけに好走に期待が高まる。

一方、その他のサンデーサイレンス系種牡馬の成績は【1-2-2-32】勝率2.7%、複勝率13.5%と全く振るわない。このような条件下で、同じサンデーサイレンス系であるゴールドアリュール産駒が良績を残せているのは、母父がヌレイエフで、ノーザンダンサーのクロスを持っており、父のスピードだけでなく母父からパワーや持続力を多く受け継いでいるからだろう。

◆【チャンピオンズカップ2021/データ攻略-前編】ソダシに襲い掛かる“GI実績”の罠 注目は叩き2戦目で「勝率100%」の新興勢力

【チャンピオンズC/データ攻略-前編】ソダシに襲い掛かる“GI実績”の罠 注目は叩き2戦目で「勝率100%」の新興勢力

■パワーや持続力を備えたヌレイエフの血とノーザンダンサーのクロス

2016年以降のチャンピオンズカップの3着以内馬は以下の通り。

このように、ゴールドドリームが3度、インティが2度、リピーターとして好走している。この2頭に共通する血が上記で述べたヌレイエフの血だ。パワーや持続力を受け継ぐヌレイエフの血があることが、このタフなコースで好走している要因だろう。

また、ノーザンダンサーとニジンスキーのクロスを併せ持つなどノーザンダンサーの血が濃いゴールドドリームを象徴するように、チャンピオンズカップでは毎年ノーザンダンサーのクロスを持った馬が好走している。過去5年の3着内馬15頭のうち、10頭がこのクロスを持っている。

オッズが10倍以上で馬券になった馬は100%このノーザンダンサーのクロスかヌレイエフの血を持っており、実績面では、出走した年にダートGIかダート1800m以上の重賞で3着以内の実績があった。

今年の該当馬は、以下の8頭。
エアスピネル
チュウワウィザード
カフェファラオ
オーヴェルニュ
サンライズホープ
カジノフォンテン
インティ
サンライズノヴァ

なかでも注目は、サンライズホープ。関西所属のマジェスティックウォリアー産駒の牡馬が中京ダ1800mに出走すると【5-4-3-13】勝率20%、複勝率48%、単勝回収値202、複勝回収値149と期待値が高い。さらに、中5~9週のローテだと、【4-1-2-6】勝率30.8%、複勝率53.8%、単勝回収値291、複勝回収値186と好走率が上がる。自身も前走、中京で行われたシリウスSを勝つなど中京では3戦して連対を外しておらず、初GIで格上挑戦になるが、名前の通り、希望が持てる特注馬だ。

▼その他データ傾向
◆【人気傾向】複勝率トップの3番人気を信頼も、注目すべき波乱の使者は…

【チャンピオンズC/人気傾向】複勝率トップの3番人気を信頼も、注目すべき波乱の使者は…

◆【枠順】ソダシは1枠1番で“白”に染まる 鬼門の8枠にカフェファラオ

【チャンピオンズC/枠順】ソダシは1枠1番で“白”に染まる 鬼門の8枠にカフェファラオ

◆【脚質傾向】先行馬の好走目立つダートGI、押さえるべきは「上がり最速」と…

【チャンピオンズC/脚質傾向】先行馬の好走目立つダートGI、押さえるべきは「上がり最速」と…

◆【前走ローテ】ダート転向の白毛馬ソダシに警鐘 ダート初挑戦組に「馬券内0%」の鬼門データ

【チャンピオンズC/前走ローテ】ダート転向の白毛馬ソダシに警鐘 ダート初挑戦組に「馬券内0%」の鬼門データ

チャンピオンズカップ2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】前日オッズ20倍以上でも侮れない人馬 条件合致で「複勝率100%」

◆【データ攻略・前編】ソダシに襲い掛かる“GI実績”の罠 注目は叩き2戦目で「勝率100%」の新興勢力

◆【データ攻略・後編】勝負駆けを匂わす穴馬 “勝率100%”の名手と「コンビ再結成」で波乱を巻き起こす

▼追い切り予想
◆【S評価】「S」評価は“最高潮の域”に達した有力馬 「本番でどれだけ弾けるのか楽しみ」

◆【A評価】チュウワウィザードを上回る「A」評価は伏兵馬 「体調、精神面はハイレベル」

◆【A評価】高評価「A」は“狂いなき仕上げ”の人気馬 厩舎流のハードトレで「万全の状態」

◆【B評価】チュウワウィザードに“辛口評価” 併せ先着も「骨折の影響がまだ……」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ・前編】ソダシの“二刀流”に辛口評価 狙いは人気落ちの実績馬

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.1】連敗中も条件好転で巻き返し 波乱を呼ぶ“左回り巧者”

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.2】単勝20倍以上の“伏兵” 叩き良化型で前走大敗は想定内

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.3】ガラリ一変が漂う“実績馬” 人気落ちでも買い材料はズラリ

◆【危険な人気馬・前編】人気先行のGI馬は“消し” ダート頂上決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬・後編】有力馬より評価すべき「イン突きの鬼」 前走から“砂厚”が好転する1頭を本命視

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします