AbemaTVのパワプロ風野球中継に大反響!パワプロの能力査定は現役選手も気にしている?

9月14日に行われた横浜DeNA対巨人戦で、野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』とコラボした放送がAbemaTVで実現した。

試合中の選手名表記がパワプロ仕様になるほか、試合展開に合わせてストライクやボール、ホームランなどの文字が画面に表示された。

『実況パワフルプロ野球』は、1994年に第1作が発売されてから現在までシリーズが続いている人気ゲーム。プロ野球選手にもファンが多いことで知られる。

国民的野球ゲームの見慣れた画面に、視聴者の反応は「Abema TVのパワプロ中継めっちゃいいな」「Abemaのパワプロ風実況凝ってて面白いな」「ずっとこれでやってほしい」など好意的なものが多く、継続開催を希望する声もあがっていた。

パワプロの能力査定は現役選手も気にしている

この日の放送で解説を担当したのは横浜DeNAのOB多村仁志さん。多村さんもパワプロの大ファンということで、試合中にはパワプロにちなんだトークも多く、視聴者からは「多村さんパワプロ詳しいですね」「パワプロ愛を感じる」とゲーム知識に驚くコメントもあった。

パワプロでは前年の成績を基に選手の能力値を決めているが、チームメイトと対戦するときなど「選手たちも自分の査定を気にしている」と多村さん。

現役時代の能力値が画面に表示されると、「パワー152ですか(最高は255)、もう少し上げたかったですね」とAランク評価にも満足していない様子で、チャンスに弱いがついていることには、「けっこう打ってたはずなんですけどね。ケガしにくさが低いのは納得です」とコメント。

侍ジャパンのクリーンナップとして、2006年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ではチーム最多の3本塁打、9打点で日本の優勝に貢献した多村さんだが、一方でケガに悩まされたことでも有名で毎シーズンのように離脱期間があった。そうした部分も反映された査定を懐かしそうに見ていた。

現実の野球とパワプロのコラボは史上初の試みだったが、野球中継の可能性を広げる意味でも面白い取り組みになった。

《関連記事》

松坂大輔が決意の力投で甲子園12年ぶりの勝利、引退する松坂世代へ「僕はもう少し頑張るよ」

今季限りで引退発表の巨人・杉内俊哉…多くのファンが引退試合開催を望む

中日ドラゴンズ・ビシエドがかわいいと話題に…温和な性格の助っ人は首位打者獲得へ絶好調

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします