【チャンピオンズC/危険な人気馬-後編】有力馬より評価すべき「イン突きの鬼」 前走から“砂厚”が好転する1頭を本命視

「前編」ではカフェファラオの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではカフェファラオに代わる本命、そして穴馬4頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【チャンピオンズカップ2021予想/危険な人気馬-前編】人気先行のGI馬は“消し” ダート頂上決定戦で「買うべきではない」1頭とは

【チャンピオンズC/危険な人気馬-前編】人気先行のGI馬は“消し” ダート頂上決定戦で「買うべきではない」1頭とは

■中央の馬場で巻き返しに期待大の本命馬

本命には、前走のJBCクラシックで4着に敗れたテーオーケインズを指名する。前走の舞台、金沢競馬場は内側の砂が深く、必要以上にスタミナを要する馬場適性の差が主な敗因だった。インから馬群を捌いて抜け出す競馬を得意としており、イン伸びが目立つ中京への舞台適性も抜群だろう。また、今回逃げるであろうカジノフォンテンが刻むラップも経験済みで、地方馬旋風を止められる中央勢の筆頭はまさしくこの馬だろう。前走の敗戦で人気落ちが確実な今回が絶好の狙い目だ。

対抗は地方馬のカジノフォンテン。ソダシの参戦により、例年以上に激しい先行争いとなりそうな今回だが、むしろ突かれた逃げは大歓迎で、川崎記念ではダノンファラオに2番手からプレッシャーを掛けられる展開の逃げだったものの4コーナーで2番手以下を突き放す強い競馬をした。ダノンファラオも出走予定という点が追い風になりそうで、ここでも期待がかかる。

以下、押さえでインティサンライズホープクリンチャーオーヴェルニュチュウワウィザードとする。サンライズホープは前走のシリウスSでウェスタールンドの強襲を封じ、重賞初制覇を成し遂げた。好位からでも早い脚を使うこともできるセンスのある馬で、こちらもプレッシャーを掛けられると更に伸びる強靭なメンタルを持っている。【2-1-0-0】と相性抜群の中京競馬場で波乱を巻き起こしてほしいところだ。

▼穴馬予想
◆【チャンピオンズカップ2021予想/危険な人気馬-前編】人気先行のGI馬は“消し” ダート頂上決定戦で「買うべきではない」1頭とは

【チャンピオンズC/危険な人気馬-前編】人気先行のGI馬は“消し” ダート頂上決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【チャンピオンズカップ2021予想/穴馬アナライズ-前編】ソダシの“二刀流”に辛口評価 狙いは人気落ちの実績馬

◆【チャンピオンズカップ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.1】連敗中も条件好転で巻き返し 波乱を呼ぶ“左回り巧者”

◆【チャンピオンズカップ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.2】単勝20倍以上の“伏兵” 叩き良化型で前走大敗は想定内

◆【チャンピオンズカップ2021予想/穴馬アナライズ-後編Vol.3】ガラリ一変が漂う“実績馬” 人気落ちでも買い材料はズラリ

チャンピオンズカップ2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】「S」評価は“最高潮の域”に達した有力馬 「本番でどれだけ弾けるのか楽しみ」

◆【A評価】チュウワウィザードを上回る「A」評価は伏兵馬 「体調、精神面はハイレベル」

◆【A評価】高評価「A」は“狂いなき仕上げ”の人気馬 厩舎流のハードトレで「万全の状態」

◆【B評価】チュウワウィザードに“辛口評価” 併せ先着も「骨折の影響がまだ……」

▼データ予想
◆【データ攻略・前編】ソダシに襲い掛かる“GI実績”の罠 注目は叩き2戦目で「勝率100%」の新興勢力

◆【データ攻略・後編】勝負駆けを匂わす穴馬 “勝率100%”の名手と「コンビ再結成」で波乱を巻き起こす

◆【騎手データ】前日オッズ20倍以上でも侮れない人馬 条件合致で「複勝率100%」

▼その他データ傾向
◆【枠順】ソダシは1枠1番で“白”に染まる 鬼門の8枠にカフェファラオ

◆【血統傾向】穴馬が100%持つ配合から浮上 条件合致は4歳世代の“刺客”

◆【脚質傾向】先行馬の好走目立つダートGI、押さえるべきは「上がり最速」と…

◆【前走ローテ】ダート転向の白毛馬ソダシに警鐘 ダート初挑戦組に「馬券内0%」の鬼門データ

◆【人気傾向】複勝率トップの3番人気を信頼も、注目すべき波乱の使者は…

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします