【チャンピオンズC/追い切りジャッジ】チュウワウィザードに“辛口評価” 併せ先着も「骨折の影響がまだ……」

■チュウワウィザード

【中間調整】2走前・帝王賞のレース中に骨折。前走のJBCクラシックが骨折明けの復帰戦だった。ある程度攻められてはいたようだが、やはり脚元と相談しつつだったようだし、入った枠は最内枠。砂の深い内めを終始回らされ、力を出し切れずに3着に終わっている。その後、チャンピオンズカップを目指すのは昨年同様。昨年より1週早めに栗東へ戻り、入念な調整が進んでいる。11月11日の初時計で坂路ラスト2Fで13秒3-13秒2(馬なり)とまずまず素軽く動き、骨折明けを使われた反動はそこまでではなさそう。24日の1週前追いでは、この中間初めてCWコースに下ろされ戸崎騎手を背に併せ馬。手応えでは見劣ったが、オープン馬ダノンテイオーに対し渋太く先着を果たしている。

◆【チャンピオンズカップ2021予想/追い切りジャッジ】高評価「A」は“狂いなき仕上げ”の人気馬 厩舎流のハードトレで「万全の状態」

【チャンピオンズC/追い切りジャッジ】高評価「A」は“狂いなき仕上げ”の人気馬 厩舎流のハードトレで「万全の状態」

【最終追い切り】1週前でしっかり負荷が掛かっており、今週は脚慣らし程度の坂路単走調整。バランスを調整する程度の内容だった。伸びそのものには力強さがあったが、全体的に硬さがあり、ラストでやや気を抜くような面を見せた点も気になる。

【見解】JBCからチャンピオンズカップというのは昨年と同じで、乗り出しは昨年より早かった。順調に本数を重ねているのはいいが、仕掛けられての反応や気迫はいささか寂しく感じる。年齢的を重ねてズブくなっているのかもしれないが、軽度だったとは言え骨折の影響がまだ残ってる可能性も捨てきれないところだ。昨年このレースの覇者であり、今年春にはドバイWCで2着。地力で抜けているものの、取りこぼすシーンは考えておきたい。

総合評価「B」

▼その他追い切り予想
◆【チャンピオンズカップ2021予想/追い切りジャッジ】「S」評価は“最高潮の域”に達した有力馬 「本番でどれだけ弾けるのか楽しみ」

【チャンピオンズC/追い切りジャッジ】「S」評価は“最高潮の域”に達した有力馬 「本番でどれだけ弾けるのか楽しみ」

◆【チャンピオンズカップ2021予想/追い切りジャッジ】チュウワウィザードを上回る「A」評価は伏兵馬 「体調、精神面はハイレベル」

【チャンピオンズC/追い切りジャッジ】チュウワウィザードを上回る「A」評価は伏兵馬 「体調、精神面はハイレベル」

チャンピオンズカップ2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ・前編】ソダシの“二刀流”に辛口評価 狙いは人気落ちの実績馬

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.1】連敗中も条件好転で巻き返し 波乱を呼ぶ“左回り巧者”

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.2】単勝20倍以上の“伏兵” 叩き良化型で前走大敗は想定内

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.3】ガラリ一変が漂う“実績馬” 人気落ちでも買い材料はズラリ

◆【危険な人気馬・前編】人気先行のGI馬は“消し” ダート頂上決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬・後編】有力馬より評価すべき「イン突きの鬼」 前走から“砂厚”が好転する1頭を本命視

▼データ予想
◆【騎手データ】前日オッズ20倍以上でも侮れない人馬 条件合致で「複勝率100%」

◆【データ攻略・前編】ソダシに襲い掛かる“GI実績”の罠 注目は叩き2戦目で「勝率100%」の新興勢力

◆【データ攻略・後編】勝負駆けを匂わす穴馬 “勝率100%”の名手と「コンビ再結成」で波乱を巻き起こす

▼その他データ傾向
◆【枠順】ソダシは1枠1番で“白”に染まる 鬼門の8枠にカフェファラオ

◆【血統傾向】穴馬が100%持つ配合から浮上 条件合致は4歳世代の“刺客”

◆【脚質傾向】先行馬の好走目立つダートGI、押さえるべきは「上がり最速」と…

◆【前走ローテ】ダート転向の白毛馬ソダシに警鐘 ダート初挑戦組に「馬券内0%」の鬼門データ

◆【人気傾向】複勝率トップの3番人気を信頼も、注目すべき波乱の使者は…

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします