【プロ野球】松坂大輔の引退セレモニーにイチロー氏登場 米メディアも「心温まる瞬間」と感動伝える

23年間の現役生活に別れを告げた松坂大輔(提供:西武ライオンズ)

4日に行われた埼玉西武ライオンズ松坂大輔投手の引退セレモニー。シアトル・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏がサプライズ登場し、感動を呼んだことは既報の通りだが、このシーンは2人がプレーした米国でも大きく報じられた。MLB公式サイトは「イチロー、引退するDice-Kをセレモニーで驚かせる」との見出しで記事を掲載し、話題を呼んでいる。

◆「引退はひとつの死」 最速118キロで幕を閉じた松坂大輔の野球人生

■メッツ時代のチームメートも労う

今季限りで23年間のプロキャリアに終止符を打った松坂。引退セレモニーに駆け付けたイチロー氏から花束を渡されると、涙があふれた。このサプライズ演出には誰もが驚き、感動を呼んだが、一連のシーンは米国でも大きく報じられた。

MLB公式サイトは、「(松坂は)Dice-Kの愛称で人気を集め、米ファンには2007年から12年までボストン・レッドソックスで活躍したことでよく知られている」と紹介。そして、「イチローさんが来てくれたのには驚きました。想像もしていませんでした。(労いの声をかけられ)最初は我慢していましたが、涙が出てきて、もうダメだと思いました」というセレモニー後の松坂のコメントを掲載し、メジャー時代の写真などともにレポートした。

米メディア「FANSIDED」は「イチローがダイスケ・マツザカを驚かせた心温まる瞬間をぜひご覧ください」という見出しを打ち、セレモニーの模様と松坂とイチローが繰り広げた名勝負を紹介。記事の最後には「イチローとマツザカが日米両国の野球界に与えた影響は計り知れない」と記し、「ア・リーグMVPのショウヘイ・オオタニら多くの後続を鼓舞した」と2人の歴史的なキャリアを称賛した。そのほか、「FOX Sports」なども同様に伝えた。

また、今回のセレモニーにはメディアだけではなく、元チームメートも反応した。ニューヨーク・メッツ時代にバッテリーを組んだこともあるアンソニー・レッカーは「私の友人であるダイスケ・マツザカ、23シーズンに及ぶ素晴らしいキャリア、おめでとうございます」と声をかけると、「彼と同じフィールドを共有できたことは光栄ですし、彼のそばにいられたことでより良い経験を得られたと思う」とつづり、2人のメッツ時代の写真を投稿した。

「平成の怪物」のラストにふさわしいサプライズ演出は、日本のみならず、米国でも広く関心を呼んだようだ。

◆【実際のツイート】松坂のメッツ時代の同僚が祝福ツイート、笑顔でハグするバッテリーのほっこり写真もアップ

◆【引退スピーチ全文】松坂大輔「悔しい経験をバネに僕は挑戦」23年間の誇り

◆松坂大輔は「嫉妬を感じた唯一の存在」今も斉藤和巳氏の胸に残る羨望

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします