【MLB】ヤンキース、鈴木誠也獲得へ本格参戦か ポイントは中堅手としての評価

侍ジャパンでも主軸を務めた広島・鈴木誠也(C)ロイター

ポスティングでのメジャー移籍を目指す広島鈴木誠也外野手について、米地元紙「ニューヨーク・ポスト」は、ニューヨーク・ヤンキースが「獲得に興味を持っている」と伝えた。鈴木を巡っては、ヤンキースのライバルでもあるボストン・レッドソックスやシアトル・マリナーズなどがラブコールを送っているとされているが、果たしてメジャーきっての名門が本格参戦してくるのか、注目されている。

◆【プロ野球】鈴木誠也が記録したOPS「1.072」の衝撃度とは 今季1.000超えは日米でわずか3選手のみ

■手術明けヒックスに不安の声

メジャーは現在、ロックアウト中ですべての交渉がストップ。そのため、大きな進展は見られないが、鈴木を巡る報道は日増しに熱を帯びている。

7日に「アーロン・ヒックスのウィンターゲームでの出遅れがヤンキースのセイヤ・スズキへの興味を深める」と見出しを掲げたのは、米地元紙「ニューヨーク・ポスト」。記事によると、今年5月に手首の手術を受けたヤンキースのヒックスは今オフ、ドミニカ共和国のウィンターゲームに参加。今シーズンを棒に振ったため、試合勘を取り戻し、復調への道筋をつけるためにプレーしているが、どうも活躍できていない。本来、中堅のレギュラー候補だが、安定してポジションを守れるか、32歳という年齢も含めて疑問符が付き始めているという。

■ヤンキースの外野に割って入れるか

ヤンキースのキャッシュマンGMは、センターがオフシーズンの焦点の一つであることを認めており、「ヒックスの不調に伴って鈴木への関心が高まっている」と伝えている。

もちろん、問題点も指摘。一つは、鈴木自身が中堅を守った経験が少ないということ。もう一つは、ヤンキース外野陣の状況。アーロン・ジャッジが右翼に、ジョーイ・ギャロが左翼に納まり、ジャンカルロ・スタントンも外野の一角を担うことが可能。ここにヒックスが復調してくれば、もう1人の外野手に日常的な居場所はないということになる。

それでも、鈴木のパフォーマンスは魅力で「打撃とスピードはメジャーでも通用する」というスカウト評も掲載。FA市場に理想的なセンターは少なく、ターゲットとしていたバイロン・バクストンは、ミネソタ・ツインズ残留を決断した。

ロックアウトが明けた後、ヤンキースはセンターの補強に動くのか。そして、「中堅・鈴木」をどう評価するのか。名門の動きから目が離せない。

◆【プロ野球】元同僚が鈴木誠也のメジャー移籍を後押し「素晴らしい男。彼の性格は米国でもうまくやっていける」

◆【プロ野球】なぜ鈴木誠也の評価は米国で高騰するのか 現地の声や成績面から見えた“真の強み”とは

◆【MLB】菊池雄星のオプション契約、マリナーズは破棄の方向か 鈴木誠也がメジャー移籍なら「マツイ以来のインパクト」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします