【阪神JF/血統傾向】6年連続好走中の血統に共通する「マイル実績」 注目は2歳GI馬の血を引く伏兵馬

2歳女王を決める阪神ジュベナイルF(GI、芝1600m)は12日、阪神競馬場で行われる。

ファンタジーSで無傷の3連勝を飾ったウォーターナビレラ、サウジアラビアRCで牡馬相手に0秒1差の2着のステルナティーア、アルテミスSを上がり最速で勝利したサークルオブライフ、デビューからマイルを2連勝中のナミュールなどが出走する。

キャリアの浅い馬同士の一戦で実力の比較が難しく、血統というファクターがより重要となるレースであり、ここでは予想のヒントになる「血統傾向」を分析していく。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/追い切りジャッジ】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

【阪神JF/追い切りジャッジ】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

■スピードとパワーに優れた芝マイルGI勝利実績の血

阪神芝1600mは、スタート後3コーナーあたりまで上り坂で、4コーナーから直線中盤までは下り坂になり、最後のゴール前で急坂を迎える。また、前半に上り坂があることで脚元に負担がかかりやすく、直線の下りで加速できるスピードに加え、ゴール前の急坂をこなすパワーも備えた総合力を問われる舞台設定となっている。

2016年以降の阪神ジュベナイルFの種牡馬成績は以下の通り。

このように、ダイワメジャーやクロフネなど芝マイルGI勝ちのある種牡馬が好走していることがわかる。やはり、キャリアの浅い若駒が集う芝マイルGIということもあり、スピードとパワーに優れたマイルに強い血が活きるのだろう。また、母父も含めると、6年連続で馬券内に好走している。

今年該当する馬は、以下の7頭となる。

シークルーズ(モーリス)
ラブリイユアアイズ(ロゴタイプ)
キミワクイーン(ロードカナロア)
ステルナティーア(ロードカナロア)
サク(リオンディーズ)
ヒノクニ(カレンブラックヒル)
ナムラクレア(ミッキーアイル)

なかでも、注目はラブリイユアアイズ。父ロゴタイプは2歳マイルGIの朝日杯フューチュリティSを制しており、産駒もマイル適性や仕上がりの早さを継いでいると考えられ、初のマイルをこなしても不思議はないだろう。

シークルーズも、父モーリス、母父クロフネ、母ベストクルーズ(2009年阪神ジュベナイルF3着)とマイルでこその血統構成で、抽選を突破するなど運も味方にしており期待したい。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/穴馬アナライズ-前編】ファンタジーS組2騎を軽視 ポイントは“マイル以上”と“牡馬相手”の実績

【阪神JF/穴馬アナライズ-前編】ファンタジーS組2騎を軽視 ポイントは“マイル以上”と“牡馬相手”の実績

■ディープ系、キンカメ系は母系に注目

ディープインパクト産駒は直近5年で単勝オッズ10倍以内の人気に推された馬が5頭出走しているが、勝利したのは2018年のダノンファンタジーの1頭のみだった。また、ディープインパクトを父に持つ種牡馬も含めると、【1-2-1-16】勝率5.0%、複勝率20.0%、単勝回収値13、複勝回収値60とさらに成績が落ちる。

馬券内に好走した4頭の母父は、Not For Sale(ダノンファンタジー、サトノレイナス)、Storm Cat(マウレア)、Grand Slam(マルターズディオサ)といった仕上がりの早い南米や米国のパワー型の血を内包していた。つまり、ディープ系の母系にはこの性質が必須と言える。

今年該当するディープインパクト系は、以下の4頭となる。

パーソナルハイ(ディープインパクト)
アネゴハダ(キズナ)
ウォーターナビレラ(シルバーステート)
ナムラクレア(ミッキーアイル)

上位人気が想定されるウォーターナビレラは、母父にキングヘイロー(安田記念3着)がいる血統で、マイル適性は十分。この舞台をこなす下地があると判断しても良いだろう。

また、ナムラクレアの勝鞍は1200mのみとなっているものの、父ミッキーアイルはマイルGIを2勝しており、父ディープインパクト×母父Storm Cat(米国ダート血統)の組み合わせは2017年の安田記念を制したサトノアラジンや今年の安田記念を制したダノンキングリーがいるだけに、マイルGIの舞台でも力を発揮できるだろう。

続いて、キングカメハメハ系だが、2016年以降の阪神ジュベナイルF と桜花賞の成績が【1-1-2-15】と2018年桜花賞のアーモンドアイの1勝のみにとどまっている。2010~2015年のキングカメハメハ産駒の成績【2-1-1-6】と比べると代替わりをするにつれ、勢いをなくしていることがわかる。

馬券内に好走した馬は、アーモンドアイ(母フサイチパンドラは阪神ジュベナイルFで3着)、リリーノーブル(母父クロフネはNHKマイルCで1着)、アットザシーサイド(母ルミナスハーバーは阪神ジュベナイルFで3着)の3頭のみで、共通点は母系にマイルGIの実績があった。これは母系からマイル適性を補完されていることが好走の要因だろう。

今年出走予定のキングカメハメハ系は、以下の4頭。
キミワクイーン(ロードカナロア)
ステルナティーア(ロードカナロア)
ベルクレスタ(ドゥラメンテ)
サク(リオンディーズ)

父自身にマイルGI勝利のあるロードカナロア産駒のキミワクイーンとステルナティーア、リオンディーズ産駒のサクの母系は決してマイラー血統ではないが、マークは必要だろう。

▼その他データ傾向
◆【枠順】“兄弟タッグ”で注目のウォーターナビレラは7枠13番に、最多勝利の1枠には伏兵馬

【阪神JF/枠順】“兄弟タッグ”で注目のウォーターナビレラは7枠13番に、最多勝利の1枠には伏兵馬

◆【脚質傾向】先行激化で浮上する、5年連続好走中の「上がり最速馬」に注目

【阪神JF/脚質傾向】先行激化で浮上する、5年連続好走中の「上がり最速馬」に注目

◆【前走ローテ】「アルテミスS組」からソダシに続く2歳女王の誕生なるか

【阪神JF/前走ローテ】「アルテミスS組」からソダシに続く2歳女王の誕生なるか

◆【人気傾向】1・2番人気決着が過去3回も、オッズ混戦で浮上する「5番人気」の激走に注目

【阪神JF/人気傾向】1・2番人気決着が過去3回も、オッズ混戦で浮上する「5番人気」の激走に注目

阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

◆【A評価】サークルオブライフを上回る高評価 ガス抜き完了で「1F延長でも問題なし」

◆【A評価】下位人気想定の穴馬に「A」の高評価 気配アップで「通用の可能性十分」

◆【B評価】2歳女王の座を狙う人気馬に辛口評価 「まだ素軽さ満点とは言い切れない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】ファンタジーS組2騎を軽視 ポイントは“マイル以上”と“牡馬相手”の実績

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】単勝“50倍以上”の伏兵 初勝利から急成長で「積極的に買い」

◆【危険な人気馬-前編】人気先行の良血馬は“消し” 2歳女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】有力馬を上回る「スピード×急坂適性」を持つ、栗東の“坂路番長”を本命視

▼データ予想
◆【騎手データ】高い馬券内率を誇る騎手の「馬連+3連複1点」推奨 注目は勝率66.7%→100%の”爆跳ね”条件

◆【データ攻略-前編】有力馬2頭に“明と暗” 「連対率75%」の抜群の相性を誇る関西馬に注目

◆【データ攻略-後編】「血」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた2頭に注目

◆【出走馬考察】2歳女王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり ファンタジーS快勝のウォーターナビレラの評価は

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします