【阪神JF/追い切りジャッジ】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

■ステルナティーア

【中間調整】前走は牡馬混合の重賞サウジアラビアRC。牡馬の大物コマンドラインに振り切られはしたが、まったく見劣らない脚を使えており負けて強しの2着に入っている。その後はノーザンファーム天栄へ放牧出され、11月17日に美浦へ帰厩。阪神ジュベナイルFに向けて調整されてきた。21日に坂路14-14で脚慣らし、25日にはウッドで終いだけ重点とは言え、さっそく速い時計をマーク。同じ中8週でも本数が物足りなかった前走時と比較するとかなり意欲的で、放牧先でのケアがかなり順調だったということだろう。逞しさが違っているようで日曜、水曜と自信を持って本数をこなせている。12月1日はウッドで2頭を先導し、ギリギリまで我慢させる内容。相手が迫ってきて気持ちが乗ったところでゴーサインを出されると、実に気分良く弾けてみせた。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/追い切りジャッジ】サークルオブライフを上回る高評価 ガス抜き完了で「1F延長でも問題なし」

【阪神JF/追い切りジャッジ】サークルオブライフを上回る高評価 ガス抜き完了で「1F延長でも問題なし」

【UMAJIN.net-競馬サロン】[有馬記念も対象]30日間無料トライアル&21世紀名牝カレンダー無料プレゼントキャンペーン実施中

【最終追い切り】C.ルメール騎手が騎乗しウッドで稽古駆けする年長馬を追走。直線半ばでまだ相手との差があったが、軽く気合いをつけられるとスッとギアを上げて併入に持ち込んだ。まだお釣りは十分残っており、仕掛けどころひとつで大きく突き抜けていたかもしれない。

【見解】1週前は外先導で折り合いを意識させ、当週は動く馬に取り付く調教。臨機応変に対応できるセンスと精神面の研ぎ澄まされぶりは特筆レベルだ。前走時は体調面や気持ちの面で攻め切れなかったようだが、それであのパフォーマンス。そこを経ての今回は、本数をしっかりこなせているし内容も文句なし。放牧先の手腕も大きいし、トレセンに戻ってからの調整法もしっくりハマっている印象がある。略式起訴を受け、3カ月間の調教停止処分があった木村哲也調教師。渾身の仕上げで汚名返上へ。

総合評価「S」

▼その他追い切り予想
◆【A評価】下位人気想定の穴馬に「A」の高評価 気配アップで「通用の可能性十分」

【阪神JF/追い切りジャッジ】下位人気想定の穴馬に「A」の高評価 気配アップで「通用の可能性十分」

◆【B評価】2歳女王の座を狙う人気馬に辛口評価 「まだ素軽さ満点とは言い切れない」

【阪神JF/追い切りジャッジ】2歳女王の座を狙う人気馬に辛口評価 「まだ素軽さ満点とは言い切れない」

阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】ファンタジーS組2騎を軽視 ポイントは“マイル以上”と“牡馬相手”の実績

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】単勝“50倍以上”の伏兵 初勝利から急成長で「積極的に買い」

◆【危険な人気馬-前編】人気先行の良血馬は“消し” 2歳女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】有力馬を上回る「スピード×急坂適性」を持つ、栗東の“坂路番長”を本命視

▼データ予想
◆【騎手データ】高い馬券内率を誇る騎手の「馬連+3連複1点」推奨 注目は勝率66.7%→100%の”爆跳ね”条件

◆【データ攻略-前編】有力馬2頭に“明と暗” 「連対率75%」の抜群の相性を誇る関西馬に注目

◆【データ攻略-後編】「血」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた2頭に注目

◆【出走馬考察】2歳女王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり ファンタジーS快勝のウォーターナビレラの評価は

▼その他データ傾向
◆【枠順】“兄弟タッグ”で注目のウォーターナビレラは7枠13番に、最多勝利の1枠には伏兵馬

◆【血統傾向】6年連続好走中の血統に共通する「マイル実績」 注目は2歳GI馬の血を引く伏兵馬

◆【脚質傾向】先行激化で浮上する、5年連続好走中の「上がり最速馬」に注目

◆【前走ローテ】「アルテミスS組」からソダシに続く2歳女王の誕生なるか

◆【人気傾向】1・2番人気決着が過去3回も、オッズ混戦で浮上する「5番人気」の激走に注目

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします