【阪神JF/追い切りジャッジ】2歳女王の座を狙う人気馬に辛口評価 「まだ素軽さ満点とは言い切れない」

■サークルオブライフ

【中間調整】中山マイルの未勝利戦勝ち後とあって、前走・アルテミスSは11頭立ての7番人気という評価。しかし本番では先行組が押し切る流れを後方から豪快に差し込み、僅差ではあったが勝利をモノにしている。その後は反動がなかったことから、即座に阪神ジュベナイルFへの進出が決定。短期放牧を挟んで11月12日に美浦へ戻り、14日にウッドで15-15を出したのが中間の初時計だった。ほぼウッド調整で脚力と実戦感覚を磨いてきており、この中間もウッドオンリー。疲れが溜まっても不思議がないところだが、体質の強さを陣営は信頼しているよう。ただし動きそのものはそこまで派手ではなく、1週前追いの3頭併せでは古馬1勝クラス2頭に手応えで見劣り、併入に持ち込むのが精一杯だった。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想/追い切りジャッジ】下位人気想定の穴馬に「A」の高評価 気配アップで「通用の可能性十分」

【阪神JF/追い切りジャッジ】下位人気想定の穴馬に「A」の高評価 気配アップで「通用の可能性十分」

【UMAJIN.net-競馬サロン】[有馬記念も対象]30日間無料トライアル&21世紀名牝カレンダー無料プレゼントキャンペーン実施中

【最終追い切り】最終追いもウッドで3頭併せ。オープン馬サトノエルドールら2頭を前後に置き、直線では真ん中に進路を取る。先週とは打って変わって軽快な雰囲気のまま、それぞれと併入を果たした。

【見解】本数の積み重ね、そして1週前の負荷が奏功し最終追いでようやく上々の動き。ただしまだ素軽さ満点とは言い切れない。前走の勝ちっぷりから大器であるのは間違いないが、機敏さや立ち回りという面ではまだこれからといった印象。陣営もそれを理解したうえで、まだ基礎作りの段階と判断しウッド鍛錬に終始しているのかもしれない。展開や馬場がハマった時の怖さはあるものの、攻め気配からはそこまで強く推せないところだ。

総合評価「B」

▼その他追い切り予想
◆【S評価】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

【阪神JF/追い切りジャッジ】“特筆レベル”で内容も文句なしの「S」評価 「調整法もしっくりハマっている」

◆【A評価】サークルオブライフを上回る高評価 ガス抜き完了で「1F延長でも問題なし」

【阪神JF/追い切りジャッジ】サークルオブライフを上回る高評価 ガス抜き完了で「1F延長でも問題なし」

阪神ジュベナイルフィリーズ2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】ファンタジーS組2騎を軽視 ポイントは“マイル以上”と“牡馬相手”の実績

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】前売り“6人気以下”の盲点 実績面から「上位争いの可能性」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】単勝“50倍以上”の伏兵 初勝利から急成長で「積極的に買い」

◆【危険な人気馬-前編】人気先行の良血馬は“消し” 2歳女王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】有力馬を上回る「スピード×急坂適性」を持つ、栗東の“坂路番長”を本命視

▼データ予想
◆【騎手データ】高い馬券内率を誇る騎手の「馬連+3連複1点」推奨 注目は勝率66.7%→100%の”爆跳ね”条件

◆【データ攻略-前編】有力馬2頭に“明と暗” 「連対率75%」の抜群の相性を誇る関西馬に注目

◆【データ攻略-後編】「血」の力で浮上する、“爆穴”の可能性を秘めた2頭に注目

◆【出走馬考察】2歳女王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり ファンタジーS快勝のウォーターナビレラの評価は

▼その他データ傾向
◆【枠順】“兄弟タッグ”で注目のウォーターナビレラは7枠13番に、最多勝利の1枠には伏兵馬

◆【血統傾向】6年連続好走中の血統に共通する「マイル実績」 注目は2歳GI馬の血を引く伏兵馬

◆【脚質傾向】先行激化で浮上する、5年連続好走中の「上がり最速馬」に注目

◆【前走ローテ】「アルテミスS組」からソダシに続く2歳女王の誕生なるか

◆【人気傾向】1・2番人気決着が過去3回も、オッズ混戦で浮上する「5番人気」の激走に注目

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします