【F1】角田裕毅、最終戦評価はハミルトンとフェルスタッペンに次ぐ3番手「格上レーサー達を上回った」

最終戦で自己最高の4位となった角田裕樹(C)Getty Images/Red Bull Content Pool

2021年のF1シーズンは12日に行われたアブダビGPで幕を閉じた。劇的展開の末にレッドブル・ホンダマックス・フェルスタッペンが優勝、初のワールドチャンピオンに輝いた。

フェルスタッペンとルイス・ハミルトン(メルセデス)の熾烈な争いが注目されたアブダビGPだが、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は自己最高の4位でフィニッシュ。3位とは0.5秒差であり、表彰台まであと一歩であった。

7回目の入賞を果たし最高のかたちでF1デビューイヤーを締めくくった角田に対しては、F1公式サイトも高い評価を与えており、15日に発表されたアブダビGPのパワーランキングではハミルトンとフェルスタッペンに次ぐ3位にランクインしている。

◆フェルスタッペンが語る角田裕毅の“強み”とは 「彼の存在はF1にとっても良い」

■「最高のパフォーマンスだったのではないか」

(C)Getty Images/Red Bull Content Pool

バーレーンGPでデビュー戦入賞と輝かしいスタートを切った角田だが、シーズン中盤にはフラストレーションをためるレースや未熟さを感じさせる場面などもあり、文字通り山あり谷ありの1年だった。

それでも決勝8番手からスタートした最終戦では会心の走りを披露。最終ラップでバルテリ・ボッタス(メルセデス)を抜き去り、チームメートのピエール・ガスリーを上回る4位でのフィニッシュは、来季への期待を抱かせるものとなった。

F1公式サイトで発表されたアブダビGPのパワーランキングでも角田は評価されており、ハミルトンとフェルスタッペンに続く3位にランクインした。寸評では「今回はツノダにとってF1最高のパフォーマンスだったのではないか? 素晴らしい4位フィニッシュで、格上のレーサー達をはるかに上回った。シーズン最終戦で今季最高の結果を残した」と賛辞を送られている。

パワーランキングは6名のジャッジが各ドライバーのパフォーマンスを評価し、GPごとに決定する。年間総合では、1位フェルスタッペン、2位ハミルトン、3位ランド・ノリス(マクラーレン)となった。

◆角田裕毅が持つ「目に見えない」特別な才能

◆最終年最終戦最終周でホンダが30年ぶりの年間王者を奪取 「挑戦が報われ感無量」と田辺TD

◆FIA、最終戦セーフティカー手順への強い批判受け、調査を開始へ「F1のイメージに傷をつけている」と発言

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします