日本ハム・石井裕也が引退発表…ファンからは「“サイレントK”は永久に不滅です」

北海道日本ハムファイターズは9月22日、石井裕也投手が今季限りで引退すると発表した。

石井投手は横浜商工高校から社会人野球の三菱重工横浜に進み、2004年のドラフトで6位指名を受け中日に入団。その後、2008年に交換トレードで横浜DeNAベイスターズへ、2010年には再び交換トレードで日本ハムに移籍した。

プロ生活13年で通算329試合に投げ防御率3.06、19勝19敗、82ホールド、6セーブも、今季は一軍登板なしだった。

先天性難聴のハンデを乗り越えた”サイレントK”

石井投手は先天性の難聴を抱え左耳の聴力がなく、右耳も補聴器を着けて微かに聞こえる程度。

ハンディキャップがありながらプロ入りを果たし、三振を奪うその投球スタイルから『サイレントK』と呼ばれた。

「14年間、プロ野球選手として続けてこられた事にとても感謝しております。最初に入団した中日ドラゴンズでは、落合博満監督をはじめ森繁和コーチや、その他たくさんの方々に厳しい練習の中で、強い精神力や忍耐力を教わりました」

ドラフトで指名を受けた古巣への感謝を口にする石井投手。プロ入り後最長の9年間を過ごした日本ハムでは、ファンの温かさに感激し、たくさんの仲間に恵まれたと充実した時間を振り返る。

「ファイターズの選手でいられてとても幸せでした。14年間、本当にありがとうございました」

左のリリーフ投手としてチームを支えてきた石井投手の引退に、ファンからも「寂しくなりますがこれからも応援してます!」「“サイレントK”は永久に不滅です」などのコメントが寄せられている。

≪関連記事≫

「加賀、バレンティンだ」加賀繁の引退試合に好敵手・バレンティンもVTR出演 見どころたくさんだったラストゲーム

巨人の二塁手・山本泰寛のスーパーキャッチがすごいと話題に!試合前には引退発表の脇谷と談笑

松坂大輔が決意の力投で甲子園12年ぶりの勝利、引退する松坂世代へ「僕はもう少し頑張るよ」

今季限りで引退発表の巨人・杉内俊哉…多くのファンが引退試合開催を望む

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします