【シンザン記念/危険な人気馬-後編】好条件揃う伏兵馬を本命視、対抗に好気配漂うカワキタレブリーを指名

前編」ではラスールの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではラスールに代わる本命、そして穴馬5頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【シンザン記念2022予想/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 今春のクラシック戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【シンザン記念/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 今春のクラシック戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

■前走でみせた「負けん気」はGI級

本命には、前走の京都2歳Sで2着に好走したビーアストニッシドを指名する。前走は不利がある中で好走したように「負けん気」は相当なものがある。絶好枠の1枠を手にし、さらに鞍上には中日新聞杯でショウナンバルディを絶妙な逃げの手で勝利に導いた岩田康誠騎手が継続騎乗ともあれば、絶好の舞台設定でもある今回は、まさに「買い」だ。

対抗はカワキタレブリー。距離延長となった前走のデイリー杯2歳Sでは朝日杯フューチュリティSで2着に好走したセリフォスに0秒3差の3着に好走して波乱を巻き起こしていたが、兄弟馬のカフジアスールが1600m~2200mで好成績を収めているように距離を延ばして良さを発揮するタイプでもある。鞍上の松山弘平騎手は先日の京都金杯でザダルを勝利に導いているだけにここも警戒は必要だろう。

以下、押さえでマテンロウオリオンモズゴールドバレルソリタリオウナギノボリレッドベルアームとする。レッドベルアームは前走の東スポ杯2歳Sで5着に負けてしまったが、少しストライドが大きいため、綺麗な馬場よりもタフな馬場や坂のある競馬場がいかにも合いそう。血統的に早期で活躍する馬が多く、馬体や走法からも、レッドベルオーブのような成長曲線を描くだろう。人気落ちも濃厚なため、アタマも狙ってみたいところだ。

◆【シンザン記念2022予想/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 今春のクラシック戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【シンザン記念/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 今春のクラシック戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

シンザン記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“20倍”以上の伏兵 実績を考えれば「妙味は十分」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“10人気”前後の盲点 素質開花で「波乱の使者」へ

◆【穴馬アナライズVol.3】キャリア1戦の“ダークホース” 高いポテンシャルを感じる大器

▼追い切り診断
◆【S評価】ラスールを上回る「S」評価 圧巻の動きで「気配は絶好」

◆【A評価】独特の調整法で挑む人気馬に「A」評価 厩舎の“集大成”で名伯楽にV届ける

◆【A評価】10人気前後の穴馬に高評価「A」 雰囲気上々で「健闘以上の走りがあっていい」

◆【B評価】3強の一角に辛口評価 距離短縮は歓迎も「気性面に危うさが……」

▼データ予想
◆【騎手データ】人気馬騎乗のルメールに不安要素 狙いは“栗東の大ベテラン”

◆【データ攻略-前編】「馬券内率75%」の強力データが後押し、名牝2頭に続けるか注目

◆【データ攻略-後編】「血統×戦法」の組み合わせで浮上する穴馬、単勝回収率「661%」で波乱を巻き起こす

▼その他データ傾向
◆【枠順】上位人気馬に“明と暗” 「連対数0」の鬼門にレッドベルアームが入る

◆【血統傾向】単回収値「688」の配合 想定“10人気”以下の穴馬が中京マイルにフィット

◆【脚質傾向】上がり最速馬が好調も、中京マイルで浮上する「上がり3位馬」の好走で波乱

◆【前走ローテ】良血馬ラスールらに黄信号、舞台替わりでも注視すべき「前走左回り」

◆【人気傾向】波乱含みの「クラシック登竜門」 注目は勝率、連対率トップの「2番人気」

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします