SNSでは「早くメジャー行ってくれ」の声…巨人のエース・菅野智之、CS出場へ向け3連続完封勝利

プロ野球も今シーズン残り数試合。

セ・パ両リーグの順位もほぼほぼ確定してきており、熾烈な争いを演じているのはクライマックスシリーズ出場をかけたセ・リーグの3位争いだろう。

10月4日の試合を終えた時点で、3位巨人と4位DeNAは1ゲーム差。巨人は1試合、DeNAは4試合を残している。

シーズンの佳境とも言えるこの状況に気を吐いているのが巨人のエース・菅野智之投手だ。

驚異の3試合連続完封

9月22日のヤクルト戦、9月28日のDeNA戦、そして10月4日の広島戦と登板した3試合連続で完封勝利を達成。

今シーズン8つの完封勝利を挙げており、まさにエースとしての役割を果たしている。

この活躍にSNS上でも思わず「メジャー行ってくれ」という声も上がっている。

苦しかったシーズン序盤

抜群の安定感を誇る菅野投手も今シーズン序盤は不調に苦しんでいた。

昨シーズンのオフから新たな挑戦として新球種・シンカーを習得。このシンカーを投げることでバランスを崩してしまい、シーズン序盤は2試合連続で大量失点を喫するなど成績が振るわなかった。

しかし、シンカーを封印した4月13日の広島戦で、8回10奪三振1失点の好投。今シーズン初勝利を手にした。

6月、7月と打たれる場面もあったが、8月以降は6勝1敗防御率も1点台前半という成績を残し、今シーズンの防御率も2.15まで良化させた。

クライマックスシリーズ出場へ向けフル稼働

残す試合は10月9日の阪神戦のみ。

DeNAも同じ日に最終戦を行うため、最後まで3位争いがもつれる可能性も十分に考えられる。

高橋由伸監督が辞任を発表した今、クライマックスシリーズ出場は至上命題。そのためにも、菅野選手には最終戦で中4日での先発、あるいは中継ぎ待機が予想される。

現役引退を発表した先輩方、由伸監督と少しでも長く一緒に戦うため、エースに期待がかかる。

≪関連記事≫

ネイマールやエムバペ擁するPSGを撃破したリヴァプールが強すぎると話題に…「優勝待った無し」とファンの声

池江璃花子が強すぎる…アジア6冠、メダル8個の記念ショットに驚愕

今季限りで引退発表の巨人・杉内俊哉…多くのファンが引退試合開催を望む

【甲子園】金足農・吉田輝星と桑田真澄の姿を重ねる声…「みちのくの桑田」と称される投球術

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします