【日経新春杯/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 黄金世代の真価が問われる一戦で「買うべきではない」1頭とは

16日に中京競馬場で第69回・日経新春杯(GII、芝2200m)が行われる。同舞台の神戸新聞杯を制したステラヴェローチェや、中京2200mで2勝を挙げ、前走のアルゼンチン共和杯では0秒5差の3着と健闘したフライライクバード、チャレンジC6着からの巻き返しを狙うマイネルウィルトスなどが出走予定だ。

ここでは日経新春杯の好走条件と想定メンバーから展開を読み解き、馬券のヒントとなる「危険な人気馬」としてヨーホーレイクを取り上げたい。

◆【日経新春杯2022予想/追い切り診断】ステラを上回る「S」評価は穴馬 今がまさに充実期で「初タイトルも見える」

【日経新春杯/追い切り診断】ステラを上回る「S」評価は穴馬 今がまさに充実期で「初タイトルも見える」

■不利が無ければ馬券内もあったダービー

まずはヨーホーレイクの前走日本ダービーについて分析する。

不安定なスタートから道中は10番手付近のポジションで競馬を進めた。4コーナー付近からピッチが上がり、外にいたステラヴェローチェと併せながら進出。直線は進路を探しながら末脚を伸ばしていたが、前にいたラーゴムとヴィクティファルスが壁となりブレーキ。その影響もあったのか、最後は脚も上がって7着に敗れてしまった。

近親にカミノタサハラ(弥生賞1着、皐月賞4着)やベルキャニオン(プリンシパルS1着、共同通信杯2着)がいる血統背景を含め、これまでの戦歴からも「最強4歳世代のなかでもトップクラスのスピードを保持し、後方から鋭い末脚を使える良血馬」と評価できるだろう。また、中京競馬場で行われたきさらぎ賞で2着に好走していることに加え、川田将雅騎手が継続騎乗となる今回は好走の期待が高まるのも当然だろう。

しかし、結果的にきさらぎ賞に出走した馬が出世できていないことに加え、昨年のダービーは例年以上にスローペースからの切れ味勝負といったレース展開で、マイラーから中距離馬が好走可能な舞台だったなかでも7着が精一杯だったヨーホーレイクに一抹の不安が残る。

◆【日経新春杯2022/データ攻略-前編】ステラヴェローチェに降りかかる「勝率0%」という不安要素とは

【日経新春杯/データ攻略-前編】ステラヴェローチェに降りかかる「勝率0%」という不安要素とは

■過去にはサトノダイヤモンドが出世も

次に、サトノダイヤモンドやルージュバックなど輩出し、「出世レース」と評されているきさらぎ賞に昨年出走した全11頭のその後の成績を比較し分析してみる。

このように、次走で馬券内に好走できた馬は1頭もおらず、掲示板までといった結果となっている。直近の古馬混合戦まで範囲を広げても、ラーゴムがOPを勝利した以外は揃って足踏みしているのだ。黄金世代と評されている現4歳世代だが、表の結果からもいかにきさらぎ賞のレースレベルが低かったかが伺える。

つまり、エフフォーリアと同世代というだけでも実力以上に人気してしまう傾向にあるため、レース内容と質を見極めなければならないのだ。前述で述べた通り、昨年のダービーは例年以上にスローペースからの切れ味勝負といったレース展開のなかで7着まで追い込んできただけで、初めて古馬混合重賞のラップを経験することを考えると追走に戸惑い、追い込むも掲示板までという結果も想定される。

◆【日経新春杯2022/血統傾向】「血統×冬季」の組み合わせで浮上する単勝回収率「540%」の穴馬に“一撃”を期待

【日経新春杯/血統傾向】「血統×冬季」の組み合わせで浮上する単勝回収率「540%」の穴馬に“一撃”を期待

■上がり重視もラップに対応できるかがカギ

次に日経新春杯の好走パターンについて分析する。

・3F 1位【6-4-1-3】 勝率42.9% 連対率71.4% 複勝率78.6%
・3F 2位【2-4-0-4】 勝率20.0% 連対率60.0% 複勝率60.0%
・3F 3位【1-0-4-5】 勝率10.0% 連対率10.0% 複勝率50.0%
・3F ~5位【1-1-2-18】勝率4.5% 連対率9.1% 複勝率18.2%
・3F 6~位【0-1-3-65】勝率0.0% 連対率1.4% 複勝率5.8%

このように「上がり最速馬」が最多の6勝を挙げており、昨年の日経新春杯は1着ショウリュウイクゾ(7人気)が上がり2位、2着ミスマンマミーア(13人気)が上がり最速、3着クラージュゲリエ(4人気)が上がり3位と上位を独占していた。先日のシンザン記念でも上がり1位~5位が掲示板を独占していたように、今開催では「速い上がり」を求められる舞台設定となっている。

ヨーホーレイクは新馬戦から皐月賞までの計5戦で上がり最速の末脚を繰り出し好走しているが、左回りに限ると極端な後傾ラップでしか好走できていない。「前傾ラップ」もしくは「前後半の差が±0秒5差」になりやすい傾向にある日経新春杯においては、経験したことのない流れの影響で末脚不発となる可能性が高いことに加え、きさらぎ賞で先着を許したラーゴムも、昨年の中日新聞杯では3番人気の支持に推されながらも後方から追走するだけで精一杯の13着に敗れてしまっているだけに、ヨーホーレイクも人気以上に凡走する確率が高いのだ。

以上の不安点から馬券の妙味を考えると、ヨーホーレイクは「消し」の評価。

後編」ではヨーホーレイクに代わる本命、そして穴馬4頭を含めた結論を紹介する。

◆【日経新春杯2022予想/危険な人気馬-後編】左回りで数値“急上昇”の穴馬に注目 馬券内率「65%超」を誇る生粋のサウスポー

【日経新春杯/危険な人気馬-後編】左回りで数値“急上昇”の穴馬に注目 馬券内率「65%超」を誇る生粋のサウスポー

日経新春杯2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前走惨敗で“妙味”あり 「条件好転でハンデ据え置き」

◆【穴馬アナライズvol.2】前日“10人気”以下の盲点 展開次第で「一発の予感」

◆【穴馬アナライズvol.3】単勝“60倍以上”の爆穴 前走見せ場ありで「軽視禁物」

▼追い切り診断
◆【S評価】ステラを上回る「S」評価は穴馬 今がまさに充実期で「初タイトルも見える」

◆【A評価】ステラヴェローチェに辛口評価 想定外のメニューが「レースにどう影響するか…」

◆【A評価】前走人気薄の激走馬に高評価「A」 前走以上のデキで「ひと皮むけた印象」

◆【B評価】人気一角に不満の低評価「B」 ピーク時と比べれば物足りず「反応が鈍い」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ステラヴェローチェに降りかかる「勝率0%」という不安要素とは

◆【データ攻略-後編】「馬券内率100%」が後押しする想定10番人気前後の穴馬候補

◆【騎手データ】中京芝2200mで高い連対率を誇る川田将雅、条件合致で“鉄板”100%に上昇

▼その他データ傾向
◆【枠順】人気の4歳世代に明暗、ヨーホーレイクは鬼門の5枠に入る

◆【血統傾向】「血統×冬季」の組み合わせで浮上する単勝回収率「540%」の穴馬に“一撃”を期待

◆【脚質傾向】上がり最速馬は「連対率70%超」 昨年は13人気ミスマンマミーアの激走で波乱

◆【前走ローテ】各組1勝ずつの難解なハンデ重賞、「2500m」の好走条件とは

◆【人気傾向】1・2番人気が過去7勝 注目は「軽ハンデ」の伏兵馬

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします