最下位から巻き返したい阪神…補強ポイント・過去の傾向から2018年ドラフト会議指名選手を考察する

17年ぶりのセ・リーグ最下位が確定してしまった阪神。9月途中までは十分にCSを狙える位置につけていたが、終盤に失速してしまった。

成績不振の責任を取り金本知憲監督が辞任した今、注目が集まるのはドラフト会議の指名選手だ。阪神は辰巳涼介選手(立命館大)、藤原恭大選手(大阪桐蔭高)等の指名に動くとみられるが、果たして。

今年の成績は?

10月9日現在、阪神のチーム防御率はセ・リーグ2位の成績だが、チーム打率はワースト2位。推定年俸3億4000万の助っ人外国人・ロサリオ選手も不振にあえぎ、鉄人・鳥谷選手も不調に終わった。

ただ、北條史也選手と糸原健斗選手の二遊間コンビなど期待の若手も早々とチームの主軸に育て上げたいところ。

来年42歳の福留孝介選手や38歳の糸井嘉男選手が中心の外野手陣は、高齢化が深刻だ。2016年の新人王・髙山俊選手や、昨季20本塁打の中谷将大選手などが伸び悩む。

投手陣も9月途中まではチーム防御率3点台でリーグ1位だったが、終盤に大きく数字を落とした。昨年12勝を挙げた秋山拓巳投手も今年は5勝10敗と大きく負け越している。

エース格の投手は、来年から日本人選手扱いになる37歳のメッセンジャー投手くらい。藤浪晋太郎投手も不調だが、9月に2年ぶりの完封勝利を挙げ、来季の完全復活に期待がかかる。

他にも高卒2年目の才木浩人投手や大卒2年目の小野泰己投手の台頭は好材料。来季は1年間ローテーションを守り、今年以上の成績を残したいところだ。

リリーフ陣は藤川球児投手や能見篤史投手、桑原謙太朗投手が奮闘した。しかし、それぞれ38歳・39歳・32歳と高齢化が進み、ここでも若手の成長を促したい。

巻き返しを図る2019年に向けて重要なドラフト会議

屈辱的な最下位が決まった今、来シーズンに向けチームの立て直しは急務。そのためにも、今月に行われるドラフト会議を有効に使いたいところだ。

上記のチーム状況を考えると、チームの主軸となりうる外野手、エース候補投手、若手のリリーフ投手といったところが補強ポイントになってくるだろう。

過去5年間のドラフト

2017年

順位 守備位置 氏名 所属
1位 投手 馬場 皐輔 仙台大
2位 投手 髙橋 遥人 亜細亜大
3位 内野手 熊谷 敬宥 立教大
4位 外野手 島田 海吏 上武大
5位 投手 谷川 昌希 九州三菱自動車
6位 投手 牧 丈一郎 啓新高
育成1位 投手 石井 将希 上武大

2016年

順位 守備位置 氏名 所属
1位 内野手 大山 悠輔 白鷗大
2位 投手 小野 泰己 富士大
3位 投手 才木 浩人 須磨翔風高
4位 投手 浜地 真澄 福岡大附属大濠高
5位 内野手 糸原 健斗 JX-ENEOS
6位 投手 福永 春吾 徳島インディゴソックス
7位 捕手 長坂 拳弥 東北福祉大
8位 投手 藤谷 洸介 パナソニック

2015年

順位 守備位置 氏名 所属
1位 外野手 髙山 俊 明治大
2位 捕手 坂本 誠志郎 明治大
3位 投手 竹安 大知 熊本ゴールデンラークス
4位 投手 望月 惇志 横浜創学館高
5位 投手 青柳 晃洋 帝京大
6位 外野手 板山 祐太郎 亜細亜大

2014年

順位 守備位置 氏名 所属
1位 投手 横山 雄哉 新日鐵住金鹿島
2位 投手 石崎 剛 新日鐵住金鹿島
3位 外野手 江越 大賀 駒澤大
4位 投手 守屋 功輝 Honda鈴鹿
5位 内野手 植田 海 近江高

2013年

順位 守備位置 氏名 所属
1位 投手 岩貞 祐太 横浜商科大
2位 外野手 横田 慎太郎 鹿児島実業高
3位 内野手 陽川 尚将 東京農業大
4位 捕手 梅野 隆太郎 福岡大
5位 投手 山本 翔也 王子製紙
6位 投手 岩崎 優 国士舘大

過去5年間のドラフト会議を振り返ると、上位には大学生・社会人が多く指名されていることが分かる。その傾向と補強ポイントを照らし合わせてみると、おのずと1位候補は即戦力の外野手や投手だ。

となると、以下の6選手あたりは1位で指名される可能性があるのではないか。

・辰巳涼介選手(立命館大)

走・攻・守三拍子揃った外野手。大学日本代表常連で即戦力との呼び声高い。

・上茶谷大河投手(東洋大)

安定感に定評のある投手。特に制球力が持ち味で、奪三振能力も高く、今年の春には東都大学野球でMVPを受賞している。

・甲斐野央投手(東洋大)

東洋大の抑えを務める投手。最速159キロとも言われる速球とキレのあるスライダー・スプリットが武器の投手。プロ1年目からリリーフとして十分に活躍できる素材を持っている。

・梅津晃大投手(東洋大)

長身から投げ下ろす速球が一級品の本格派右腕。怪我に悩まされる時期もあったが、ポテンシャルは随一。大学では先発・救援のどちらも経験があり、色々な可能性を秘めている投手だ。

・松本航投手(日体大)

明石商業高校時代からプロが注目していた右腕。今年行われた日米大学野球では、アメリカ大学代表打線相手に7回16奪三振の好投。素質の高さを見せつけ、プロでも即戦力として名前が挙がる。

藤原恭大選手(大阪桐蔭)

高校2年次からU-18侍ジャパン代表入りを果たし、今年の夏の甲子園でも大阪桐蔭の優勝に貢献した外野手。

高校生ながら、走・攻・守三拍子揃っており、プロでも十分に活躍できると見られている。

 

View this post on Instagram

 

みなさんお待たせしました! 大阪桐蔭取材、2人目は藤原恭大選手です❗️ 去年、U18日本代表としてプレーしたとき、清宮幸太郎選手に高校通算108号HRの手袋をもらったそうなんです! 今も大事に飾ってるんだとか! 「喋るのが苦手です💦」と緊張気味だった藤原選手、 照れながらもバッチリ答えてくれました😊 次回は優勝投手のあの人! #ABCテレビ #高校野球 #大阪桐蔭 #藤原恭大 #清宮幸太郎 #手袋 #緊張気味 #熱闘甲子園 #古田敦也 #嵐 #相葉雅紀 #ヒロド歩美 #甲子園への道 #夏のチカラ #カミワザ甲子園 #センバツ優勝

熱闘甲子園 ヒロド歩美 (ABCアナウンサー)さん(@hirodo_ayumi)がシェアした投稿 –

なお、弊メディアが独自に読者へアンケートを採ったところ、ダントツで阪神のドラフト1位に藤原選手を予想する声がダントツで多いという結果が出た。やはり、甲子園で躍動する藤原選手を見たいという声は多いということか。

チーム内に競争を生み出し復権へドラフト会議で有力な選手の入団が決まれば、他の若手選手も危機感を感じ、チーム内にもいい競争が生まれることも期待できる。

阪神には有望な若手選手も多く在籍しているため、そのような環境を作りつつ、世代交代も果たすことができれば来シーズンの復権も十分にあり得ることだろう。

果たしてどのような戦略を持ってドラフト会議に臨むのか、注目したい。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?