Advertisement

巨人の2018年ドラフト1位指名は根尾昂?補強ポイント・過去のドラフトの傾向から考察

巨人の2018年ドラフト1位指名は根尾昂?補強ポイント・過去のドラフトの傾向から考察
(c)Getty Images

2年ぶりとなるCS出場を決めた巨人。日本シリーズは進出できなかったが、岡本和真選手や吉川尚輝選手が台頭したことは好材料だ。高橋由伸監督に代わり原辰徳さんが監督に就任するなど、来季に向け変革が始まっている。

そんな中、チーム作りの第一歩として重要なのは10月25日開催のドラフト会議。巨人のドラフト1位指名に注目が集まっている。

ドラフト1位指名は根尾昂と公言

24日、巨人の長谷川スカウト部長は、ドラフト1位で大阪桐蔭高校の根尾昂選手を指名すると公言した。


根尾選手は、2018年の夏の甲子園大会で優勝した大阪桐蔭高校のショート。投手や外野手としての出場もあり、ユーティリティな選手として高く評価されている。

甲子園のスターとして高い知名度を誇り、ファンからの期待も高い。

補強ポイントや過去のドラフトの傾向を考えると、甲斐野央指名の可能性も

しかし、根尾選手は中日やヤクルトも1位指名を公言済み。巨人も指名した場合はくじによる抽選になる。仮にくじが外れた場合は、外れ1位の指名が必要だ。また、くじの競合を嫌い、直前でドラフト1位指名を他の選手に切り替えることも考えられる。

外れ1位もしくは競合を避けた場合の1位指名候補として最有力なのは、東洋大学の甲斐野央投手だ。

Advertisement


 

View this post on Instagram

 

[硬式野球] ○東洋大4-3国学大 守護神・甲斐野(営4=東洋大姫路)が開幕2戦目以来のマウンドに上がった。「中大戦のイメージを払拭したい」と意気込み八回から回またぎでの登板に。 「急に言われた」と八回のマウンドに上がる。前回と違い、リードしている場面での登板に気持ちが乗っていた甲斐野は簡単に2死を取る。迎えた7番打者に投じたストレートに球場は騒然。神宮の自身最速を更新する155㌔をマークした。「投げた瞬間は分からなかったけど、みんなざわついてたからもしかしたらと思いました」と頼もしい守護神は語る。 大学生歴代最速記録を甲斐野が塗り替える日はそう遠くない。 #東洋大学 #東都大学野球 #甲斐野央 #155キロ #ドラフト #野球

スポーツ東洋さん(@sportstoyo)がシェアした投稿 –


最速159キロの速球を武器に奪三振能力の高い本格派で、将来的なクローザー候補にもなりうる。抑えをなかなか固定できなかった巨人にとっては間違いなく重宝されるだろう。

甲斐野投手を予想する理由については、以下のとおりだ。

補強ポイントを埋める即戦力リリーフ選手

2018年の巨人は、最後までなかなか中継ぎ陣を固定できなかった。また、巨人のリリーフ陣を支えた山口鉄也投手や西村健太朗投手が今年で引退。勝ちパターンを任せることができるようなリリーフは補強ポイントだ。

甲斐野投手は東洋大で主に抑えとして登板。最速159キロの直球と鋭い変化球を武器に、リリーフとして即戦力の活躍が期待できる。

過去5年のドラフトは即戦力を上位指名する傾向にある

巨人がドラフト会議で指名した選手を見ると、比較的即戦力の選手を指名する傾向にあるとわかる。そのため、甲斐野投手も即戦力投手として指名される可能性が高いといえる。

2017年

Advertisement


順位守備位置氏名所属
1位投手鍬原拓也中央大
2位捕手岸田行倫大阪ガス
3位捕手大城卓三NTT西日本
4位内野手北村拓己亜細亜大
5位内野手田中俊太日立製作所
6位内野手若林晃弘JX-ENEOS
7位外野手村上海斗奈良学園大
8位内野手湯浅大健大高崎高

2016年

順位守備位置氏名所属
1位内野手吉川尚輝中京学院大
2位投手畠世周近畿大
3位投手谷岡竜平東芝
4位投手池田駿ヤマハ
5位投手高田萌生創志学園高
6位投手大江竜聖二松学舎大付高
7位投手廖任磊台湾・開南大

2015年

順位守備位置氏名所属
1位投手桜井俊貴立命館大
2位外野手重信慎之介早稲田大
3位投手与那原大剛普天間高
4位捕手宇佐見真吾城西国際大
5位内野手山本泰寛慶応大
6位投手巽大介岩倉高
7位投手中川皓太東海大
8位内野手松崎啄也日本製紙石巻

2014年

順位守備位置氏名所属
1位内野手岡本和真智弁学園高
2位投手戸根千明日本大
3位投手高木勇人三菱重工名古屋
4位投手田中大輝國學院大

2013年

順位守備位置氏名所属
1位捕手小林誠司日本生命
2位内野手和田恋高知高
3位投手田口麗斗広島新庄高
4位内野手奥村展征日大山形高
5位投手平良拳太郎北山高

吉田輝星の指名はあるのか?

また、「巨人ファンを公言した吉田輝星投手を1位指名するのか」という点が気になる方も多いだろう。

吉田投手といえば、甲子園で“金足農業フィーバー”を生み出した主人公。最後の公式戦となった国体では自己最速となる152キロを叩き出し、速球以外にも変化球、フィールディングなど高い完成度を誇る高校ナンバーワン右腕だ。

巨人の絶対的エース・菅野智之投手の後継者ともなりうる逸材で、そのスター性からファンも熱狂するだろう。

しかし、現時点において即戦力としての評価は低い。巨人が吉田投手を指名するとしたら、根尾選手・甲斐野投手の抽選に外れた場合の「外れ外れ1位」だろう。

その他選手をドラフト1位指名する可能性は低い?

上記以外の注目選手として大阪桐蔭の外野手・藤原恭大選手や立命館大の外野手・辰巳涼介選手が挙げられるが、これらを1位指名するという報道は今のところない。よほどのサプライズが無い限り、ドラフト1位指名は根尾選手・甲斐野投手・吉田投手だろう。

なお、弊メディア編集部が独自にアンケートを採ったところ、約半数の読者は巨人が根尾選手を指名すると予想した。しかし吉田投手も4割の支持を受けており、意見が分かれる結果となった。

運命のドラフト会議は10月25日。最良の選択に期待したいところだが、果たして。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

進学取りやめに野球ファンの反応は?金足農業・吉田輝星がプロ志望を表明!

大学屈指のクローザー・甲斐野央、最速159キロの速球を武器にプロ入りへ

最下位から巻き返したい阪神…補強ポイント・過去の傾向から2018年ドラフト会議指名選手を考察する

さらばスコット鉄太朗!巨人3連覇を支えた西村健太朗、山口鉄也が相次いで引退

丸佳浩の動向はドラフトにも影響?プロ野球FA資格者名簿が公示

本命は根尾昂?中日ドラゴンズの2018ドラフト1位指名予想