【三菱ラリーアート正史】第3回 グループAからワールド・ラリーカーへ そして突然の体制変更

筆者がアンドリュー・コーワンから譲り受けたチームキャップ (筆者提供)

パジェロが再び栄冠に輝いた1992年、三菱は次期世界ラリー選手権WRC)マシンとなる「ランサー・エボリューション」を発表する。2500台に引き下げられた最低生産(市販)台数に設定された限定販売台数は、それをはるかに上回る注文が殺到し、最終的には約7500台が生産された。

◆ 【三菱ラリーアート正史】第2回 世界最強のラリー軍団が時代をつくる

■マキネンがWRCドライバーズ・タイトル4連覇

ランサー・エボリューションは93年の世界ラリー選手権WRC)開幕戦モンテカルロから投入され、ケネス・エリクソンアルミン・シュワルツともに速さを見せつけた。同じ年、復活した「香港~北京ラリー」に日本から篠塚建次郎氏がランサー・エボリューションで挑戦、スバル・ワークスを相手に単騎健闘する。

翌年はエボリューションⅡに進化し熟成を重ね、95年初頭のスウェディッシュ・ラリーでは、ケネス・エリクソン、トミ・マキネンの1-2フィニッシュで、ランサー・エボリューションとして初優勝を飾る。96年にはランサー・エボリューションⅢを駆る三菱ラリーアートのエースとなったマキネンにドライバーズ・チャンピオンのタイトルをもたらした。マキネンはその後99年まで4連覇、ランサー・エボリューションはⅣ、V、Ⅵと進化を続けWRCに君臨し続けた。

ランサーエボリューション VI 2001 モンテカルロラリー優勝車 撮影・2002 年パリダカ増岡浩優勝報告会/茨城県土浦市)

この間、WRCは大きな車両規定の変更があった。「ワールド・ラリーカー(WR-Car)」の登場である。国際自動車連盟FIA)はランサー・エボリューションⅢをベンチマークに、量産ファミリーカーの4WD化とターボチャージャー装着、さらにワイドトレッド化を認めた。分かりやすく言うと、「公道レース用のスペシャルマシンを作ってもいいですよ」ということだ。日本の自動車メーカーのように4WDターボを量販できるメーカーはヨーロッパにはなく、いわばそれらの救済策、WRC離脱防止策だったとも言える。  

市販車ベースのグループA車両ランサー・エボリューションで快進撃を続けた三菱ラリーアートだったが、他のワークスチームと足並みを揃えよとのFIAからの強い要請を受けワールド・ラリーカーへの移行を決定する。ランサー・エボリューションⅥは以降、グループA車両では認められない改修をワールド・ラリーカー規定に基づいての特認を受けて2001年WRCの前半までを戦い、3度の優勝と99年に迫る成績を残した。

そしてFIAはモデルチェンジしたエボⅦをランサーの量販車とは認めなかったため、2001年後半戦からは、ファミリーカーのランサー・セディアをベースにエボリューションⅦのスタイリングをまとった「ランサー・エボリューションWRC」が投入された。

ランサーエボリューションWRC(C)三菱自動車

しかしワールド・ラリーカー規定開始当初の1997年から取り組んで来た他社ワークスマシンに対し、三菱の開発の遅れは否めず、マシンのパフォーマンスは相対的に低下、エースのトミ・マキネンが01年をもってチームを離れる状況を招いた。

ランサー・エボリューション・ワールド・ラリーカーは新たにドライバーとして迎えられたフランソワ・デルクールアリスター・マクレーに委ねられた。だが、開発計画で予定されラリー・フィンランドから投入された改良型「ステップ2」も思うような成績を残せず、2002年の最高順位は5位と、かつてのチャンピオン・チームは輝きを失った。

折りしも三菱自動車を襲った逆風による経営危機からダイムラー・クライスラー(当時)の経営参加を受け入れることとなり、2002年11月、ワークスチームの運営はドイツ側主導で設立された「三菱自動車モータースポーツMMSP GmbH)」に移行された。

MMSPはWRC実動部隊ラリーアート・ヨーロッパ (人員給源のアンドリュー・コーワン・モータースポーツ)とパリダカ実動部隊SBMを買収・完全子会社化し、それぞれMMSP LTD、MMSP SASに改称した。MMSPが新型ワールドラリーカー開発に専念するとし、三菱自動車は2003年のWRC参戦を休止する。

MMSPマーク(筆者提供)

それはあまりにも唐突だったことを今でも覚えている。海外のモータースポーツ・メディアで目にした、急にカラーリング変更を命じられたというランサー・エボリューション・ワールド・ラリーカーの姿と共に。

そのときMMSPはまだ実体を伴った組織ではなかったはずだ。MMSPの設立経緯や権能について三菱自動車からの日本国内向けのアナウンスはきわめて少なく、ラリーアートの呼称変更との認識も多かったのではないかと思う。メディアやファンの多くは『これで強い三菱が帰ってくる』と歓迎ムードもあったが、私自身は不安の方が大きかった。
 


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします