本命は根尾昂?中日ドラゴンズの2018ドラフト1位指名予想

2018年シーズンはセリーグ5位に終わった中日ドラゴンズ。シーズン後には森繁和監督が辞任し、新たに与田剛監督の就任が発表された。

View this post on Instagram

#中日ドラゴンズ #与田剛 #新監督 #就任会見

J SPORTS 野球好きさん(@jsports_yakyu)がシェアした投稿 –

与田監督の初仕事は、10月25日に開催されるドラフト会議になるだろう。新しいチームのスタートダッシュに向け、どのようなアマチュア選手を指名するのか注目が集まる。

1位指名は根尾昂と明言済み

中日ドラゴンズは、2018年ドラフトで根尾昂選手を1位指名すると明言している。

根尾選手は大阪桐蔭高校の内野手。遊撃手として華麗な守備を見せるほか、最速148キロを投げる投手でもある二刀流選手だ。また、侍ジャパンのメンバーに選ばれたU18アジア選手権では、外野手として安定した守備を見せている。

中日のホーム・中部地方の岐阜県出身なので、地元のスターとして獲得を希望する声も大きい。ユーティリティな守備と強打を兼ね備える根尾選手は、中日にとってうってつけの存在だ。

中日の課題は世代交代

近年の中日は、若い選手を積極的に起用することで世代交代を目指している。しかし、期待された京田陽太選手が打率.235、高橋周平選手.254に終わるなど結果が出ていない。

今年はチームの顔である荒木雅博選手が引退するなど、人員の入れ替えが激しい。根尾選手というスーパースターが加入すれば、世代交代を加速させる効果があるかもしれない。

根尾選手の才能を与田監督も絶賛

15日、就任会見を開いた与田監督は、根尾選手については「走攻守揃っていてスーパーマンのよう」と大絶賛している。やはり1位指名する方針は変わらないようだ。

見事中日が根尾昂をドラフト1位で指名

10月25日に行われたドラフト会議では、4球団が根尾選手をドラフト1位指名。
抽選では見事に中日が当たりくじをひき、交渉権を獲得した。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

巨人の2018年ドラフト1位指名はどの選手?補強ポイント・過去のドラフトの傾向から考察

最下位から巻き返したい阪神…補強ポイント・過去の傾向から2018年ドラフト会議指名選手を考察する

ドラフト直前!1位指名が予想される選手の直近の情報の情報についてまとめてみた

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします