【北京五輪】日本、大会初の金メダルは24年ぶりのジャンプ、小林陵侑が海外開催大会で偉業

金メダルを獲得した小林陵侑(C)Getty Images

北京五輪ノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒルは6日、国家ジャンプセンターで決勝が行われ、日本のエース・小林陵侑が1本目104.5メートル、2本目99.5メートルと完璧なジャンプをそろえ合計275.0点で金メダルを獲得した。

日本勢による金メダルは1998年長野五輪ラージヒルの船木和喜以来24年ぶり。また、1972年札幌五輪で「日の丸飛行隊」と呼ばれ日本人が表彰台を独占したのが、ちょうど50年前の2月6日だった。

◆【実際の映像】金メダル獲得後のインタビューで「まだ実感わかない」 次戦の意気込みも語る

■確信のガッツポーズ

自信に満ちたジャンプだった。着地すると、金メダルを確信したのか、何度もガッツポーズ。得点がアナウンスされ、金メダルとわかると同種目に出場していた兄の潤志郎と抱き合い、歓声を上げた。

小林は「2本ともいいジャンプをそろえられたのですごくうれしい。この金メダルという結果をすごくうれしく思って、次からも頑張っていきたい」と共同通信を通じコメントを残した。

前回の平昌五輪では7位に沈んだ。しかし、師匠・葛西紀明との二人三脚が実を結び、翌19年のワールドカップでは13勝を挙げ大ブレーク。今シーズンも7勝を挙げており、その好調を維持し偉業を達成した。

なお、海外で行われた五輪大会でスキージャンプの日本勢が金メダルを獲得するのも初めて。

銀メダルはマヌエル・フェットナー(オーストリア)、銅メダルはダビド・クバツキ(ポーランド)だった。

◆「鷲のように飛んだ」ジャンプ金メダルの小林陵侑を海外メディアも称賛

◆小林陵侑、師匠・葛西の悲願も成就 原田総監督は「新しい歴史の金メダル」レジェンド感慨

◆ジャンプ小林陵侑が優勝 日本選手団「金」第1号

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします