夜の新宿御苑で、萩野公介らアスリートと一般参加者5000人らがランニング!

10月13日、ナイキジャパンが「新宿御苑 AFTER DARK」を新宿御苑にて開催した。これは、夜間の新宿御苑の広大な敷地を光や音を使って演出するイベント。

夜18時から始まるこのイベントには約5000人が参加し、都心に残された広大な森で幻想的な演出を楽しんだ。通常夜間の開館を行っていない新宿御苑の夜の様子に、興奮する参加者も多かった。

有名アスリートも参加

サッカーの永里優季選手、水泳の萩野公介選手、スケートボードの西村碧莉選手、バスケットボールの五十嵐圭選手、柏木真介選手、フェンシングの宮脇花綸選手らの数々のアスリートも同イベントに参加し、一般参加者や他競技アスリートとの交流を楽しんだ。

壮大な光と音の演出

空間演出を担当したのはライゾマティクス・アーキテクチャー。全長2キロのランニングコースにはLEDの巨大フレームトンネルや浮かび上がるネオンライト、ランナーの動きに反応するレーザービームなどの装飾らが施された。

(c)NIKE

(c)NIKE

(c)NIKE

(c)NIKE

(c) NIKE

(c) NIKE

≪関連記事≫

大迫傑、1億円の使い道は?…ガッツポーズに込められた2つの意味

大迫傑が日本新記録を樹立したシカゴマラソン、1〜5位の選手が履いていたシューズはすべて同じだった

大迫傑がマラソンをはじめて気づいたこと「アメリカに染まらなくてもいい」

ロシアW杯1番の勝者はナイキ?エムバペら契約選手がタイトルを総ナメ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします