【三菱ラリーアート正史】第4回 トロイカ体制での復権、リーマンショック、経営再建、そして断腸の幕引き

2005型ラリーコート(筆者提供)

MMSP三菱自動車モータースポーツ)が満を持して2004年世界ラリー選手権 (WRC)開幕戦から投入した「ランサーWRC04」は、ランサー・エボリューションの縛りから放たれた斬新なスタイリングで登場した。だが三菱がWRCで優位性を築いてきたアクティブ・デフは搭載せず、トランスミッションも5速Hパターンマニュアルというもので、進化ならぬ退化とも思えた。簡素なメカニズムは将来の規定厳格化 (デバイス制限) も想定したものとの説明はあったが、信頼性の確認という掲げた目的にも遠く、ライバルの後塵を拝し続けてしまう。

◆【三菱ラリーアート正史】第3回 グループAからワールド・ラリーカーへ そして突然の体制変更

■MMSP、ラリーアート、モータースポーツ部のトロイカ体制での再構築

ランサーWRC04サイドビュー(C)三菱自動車

効率を重視するあまり、ラリーカー開発のヨーロッパ圏内での完結に固執したことの弊害ではなかったかと、私は見ている。WRCではフォードやヒュンダイがラリーカー開発に長けた外部のファクトリー組織をワークスチームとして指名し活動させている (かつてのスバルもそうだ) が、それに近い形態を求めたのかもしれない。だがそれは直系組織のMMSPが採るべき手法ではなかっただろう。スヴェン・クワント氏はWRC実戦部隊とメーカー本体の距離を、結果的に遠くしてしまった。

独善的にも見えたMMSPの同氏の指揮も、長くは続かなかった。三菱は日本のファン待望のラリー・ジャパンを前にシーズン途中で再び参戦を休止し、ランサーWRCの改良に徹することになる。

2004ラリー・ジャパンのために用意されたグッズのバンダナ(筆者提供)

直後、MMSPの体制はダイムラー・クライスラーの経営からの撤退に伴い日本側が主導することとなり、クワント氏は代表の座を退く。MMSPの設立に三菱社内で動いたのはダイムラー・クライスラーから派遣されたマーケティング担当副社長だったため、同氏は後ろ盾を失った形だから当然と言えば当然だろう。

本稿において厳しい表現とならざるを得ないが、世界を視野にしていたクワント氏と、地方の販売会社で販促企画にあたっていた当時の私とではスケールは違いすぎるものの、「モータースポーツは販売に貢献する」という発想・理念は共通していたと思っている。クワント氏はMMSP代表退任後自身のモータースポーツ事業であるX-Raidに復帰し、BMW MINIでのダカールラリー・プロジェクトを成功に導いた。2022年はハイブリッド車でダカールラリーに初挑戦したAudiチームの指揮を執っており、モータースポーツに対して変わらぬ熱意で才覚と手腕を発揮されていることをお伝えしておきたい。

三菱自本社に先んじて企画し開催された販売会社主催のランサー・エボリューションⅦ大規模試乗会で陣頭指揮を執るレーシング・スーツ姿の筆者 (2001年2月)

 
2004年12月に開催されたモータースポーツ体制発表会で三菱自動車のモータースポーツ活動は日本人社員をトップに据えたMMSP、ラリーアート、モータースポーツ部のトロイカ体制での運営へと再構築された。三菱自動車商品統括・貴島彰代表取締役常務や中山修モータースポーツ部長、MMSP・鳥居勲社長、ラリーアート・田口雅生社長らの語る三菱自動車の新しいモータースポーツのビジョンに、前年に三菱自動車を離れていた私も感動を抑えられなかった。

ランサーWRC05(C)三菱自動車

同時に公表された新型ランサーWRC05には、それまで目立たぬように配されていた「RALLIART」のロゴがスリーダイヤを支えるように大きく配置された。ドイツ主導時代のスリーダイヤに「MITSUBIHI MOTORS Motor sportS」とだけ添えられたシンボルマークが廃され、モータースポーツを走る実験室として商品を鍛え、そのプロセスと結果で販売促進に貢献するという、ラリーアート設立時の原点に立ち返ったことを示すかのようなマークであった。

2005年からのユニフォーム (筆者提供)

細かい点を言えばマシン開発だけでなく、95年以降WRC、パリダカとも順次ラリーアートからの供給に置き換わっていたチームのユニフォームでさえ日本から調達しなくなっていたMMSPだったが、2005年からは再びラリーアートからの供給に戻された (スポンサーとなるスポーツ用品メーカーのものも一部存在した)。

社員時代グラスルーツレベルながら多くのモータースポーツカテゴリーに三菱車で関与した私は、当然ラリーアート製のウェアをまとい各地で汗と油にまみれた。そういった経緯からラリーアートの商品づくりに意見を求められることも少なくはなかった。モータースポーツの現場での使い勝手や見栄えなどからのデザイン変更提案も幾度か採用いただいたりと関係の深い部門だっただけに、2005年体制からのユニフォームにスリーダイヤをRALLIARTが支えるようにリデザインされたシンボルマークを目にした直後、嬉しさのあまりラリーアートの商品担当者にすぐさま電話を入れたほどだ。電話の向こうの声からは、RALLIARTのロゴがスリーダイヤとともに配置される主役の座に返り咲いたことの喜びが伝わってきた

そのマークに多くの関係者が思いを込めたとおり、ラリーアートとは、三菱自動車にとって一体不可分の存在だったと今でも思っている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします