「これぞタイガーだ!!」ナダルがタイガー・ウッズの5年ぶりツアー制覇を祝福

2018年9月24日に開催されたアメリカ男子プロゴルフのツアー最終戦「ツアー選手権」は、タイガー・ウッズ選手が2013年以来5年ぶりのツアー制覇を果たした。

男子ゴルフ界の伝説的プレーヤーでありながら不倫スキャンダルや離婚によりイメージを失墜させ、更には腰痛の悪化などにより長いことゴルフ競技からも遠ざかっていたウッズ選手の復活は大きな話題に。ゴルフ界のみならず様々な分野からコメントが殺到している。

男子プロテニス界では、世界屈指の名プレーヤーであるラファエル・ナダル選手がインスタグラムを更新。ウッズ選手が優勝を決めた瞬間のテレビ動画とともに「No words!!just Tiger!(言葉もない!!これぞタイガーだ!!)」と賞賛のコメントを寄せた。

 

View this post on Instagram

 

No words!🐯🐯🐯!just Tiger!

Rafa Nadalさん(@rafaelnadal)がシェアした投稿 –

ナダル選手の投稿に対しては世界各国からファンからも

  • He is just a legend(彼はまさにレジェンドだ)
  • The Legend is Back(レジェンドが帰ってきた)
  • Congratulations Tiger. Finally, after five years – a championship!(おめでとうタイガー、5年ぶりのチャンピオンだ!)
  • The king has came back!!!(王者が戻ってたぞ!!!)
  • Both of you true champions(君たちは二人とも真の王者だよ)

などと祝福する声が殺到している。

ナダルとタイガー、競技を超えて交流する二人のレジェンド

世界のトップスポーツ界において競技種目を超えた交流は珍しいことではないが、ナダル選手とウッズ選手も互いの試合を観戦し合うなど深い交流のある仲だ。

2017年12月3日に開催されたアメリカ男子ゴルフの「ヒーローワールドチャレンジ」にウッズ選手が参戦した際もナダル選手は観戦に訪れており、その際の様子はPGAツアー公式ツイッターにて「One great watching another.(偉人がもう一人の偉人を観戦している)」と紹介されていた。

ナダル自身もキャリアの中で何度もケガを経験。その度に復活を果たしてきた

今年で32歳になるナダル選手自身も、これまでのキャリアで何度もケガを経験してきた。

2009年、両ひざを負傷し前年まで4連覇を達成していた全仏オープンで4回戦敗退。翌年にはケガから復活し見事にテニスの4大大会年間3冠を達成するものの、2012年シーズンには膝の負傷が再発し、ロンドンオリンピック出場も断念した。

翌2013年には再度ケガからの復活を果たし4大大会年間2冠を果たしたが、2014年シーズンに今度は背中を故障。復調後、2016年には自身二度目となるオリンピック出場を果たしダブルスで金メダルを獲得したが、五輪後に左手首を負傷しその後のツアーを欠場している。

このように、ナダル選手はこれまで何度もケガを経験しているが、その度に復活を果たし結果を残してきた。

ウッズ選手の5年ぶりのツアー制覇はナダル選手に大きなインパクトを与えたであろうが、同様に何度倒れても決して屈することなく戦い続けるナダル選手の姿もまた、もう一人のレジェンドであるウッズ選手にとって大きな励みとなっていることは想像に難くない。

2018年シーズンのナダル選手は今度は足の負傷に悩まされてはいるものの、11度目の全仏オープン制覇を達成。2018年10月15日時点で世界ランキング1位となっている。ウッズ選手も先述のスキャンダルや故障などにより一時は世界ランキングが1000位台まで大きく落ち込んだものの、現時点で13位まで復活してきている

挫折を乗り越えて活躍し続けるテニス界とゴルフ界の二人のレジェンド。彼らの活躍は世界中のスポーツファンに大きな勇気を与え続けていることは間違いないだろう。

≪関連記事≫

「意外と若い」との声も!42歳のタイガー・ウッズ、5年ぶりの復活優勝!

ナダルってどんな人?…サッカーか、テニスか。選択を求められた少年時代

キム・ハヌル、ペンギンになって登場……可憐なトレーニングの様子に目が釘付けのファンも

藤浪晋太郎の復活に必要なものとは…甲子園を沸かせたスターの現在地

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします