ラグビー藤田慶和、顔がそっくりの祖父母を試合に招待…見事に孫の勇姿を見せる!

ラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツ所属の藤田慶和選手が10月8日、インスタグラムを更新。

自身が出場する試合に祖父母を招待したことをファンに報告した。

 

View this post on Instagram

 

My grandfather and grandmother👴👵 Thank u for coming to the match 👍

Yoshikazu Fujita 藤田慶和さん(@yoshikazu15)がシェアした投稿 –

世界最高峰のリーグ「スーパーラグビー」に参戦する日本チーム「サンウルブズ」にも選ばれている藤田選手。

日本のラグビー界を背負って立つ逸材として期待されているが、25歳の若者らしく祖父母の前では屈託のない笑顔を見せている。

藤田選手の投稿に対してはファンからも

  • 素敵なお写真 ご自慢のお孫さんですね
  • 笑顔がおばぁちゃんそっくり 孫さんの活躍を直に見れて幸せそうですね
  • おじいさん似てる

などと、藤田選手がおじいさんやおばあさんにそっくりだという暖かいツッコミの声が寄せられている。

京都→福岡→東京→群馬。ラグビー強豪チームを渡り歩いてきた藤田慶和

今回、藤田選手が祖父母を招いたのは京都で行われた試合。

実は、藤田選手は京都府京都市の出身だ。京都でラグビーといえばテレビドラマの題材となった伏見工業高等学校(現:洛陽工業高等学校)が有名だが、藤田選手は高校ラグビーの強豪校である東福岡高校の出身。全国高校大会3連覇を達成している。

大学も名門校である早稲田大学に進学し、ラグビー蹴球部に所属。在学中の2012年には大学1年生でありながらラグビー日本代表に選出され、最年少出場記録を18歳7ヶ月27日で更新するなど、ラガーマンとしてはこれ以上ないキャリアを歩んできた。

現在は、群馬県太田市に本拠地を置いているトップリーグの強豪パナソニックワイルドナイツに所属している藤田選手。地元京都での試合、それも祖父母を招いての凱旋試合は自身にとっても特別な一戦となっただろう。

祖父母を招いた負けられない一戦…見事な勝利!

さて、藤田選手が大事な祖父母を招いたいつも以上に負けられない一戦。気になる試合結果はどうだったのか。

10月6日、京都の西京極総合運動公園陸上競技場で行われたラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツ vs Honda HEATの試合。藤田選手は先発フル出場を果たし、チームは41-12で見事に勝利した。

パナソニックワイルドナイツはリーグ戦5連勝を果たし、12月15日から行われる「総合順位決定トーナメント(1〜8位決定トーナメント)」への切符を一番乗りで獲得。

パナソニックワイルドナイツは2015年度までリーグ3連覇を果たしたものの、その後はサントリーサンゴリアスに2連覇を許しており、特に昨年度は準優勝と悔しい思いをしている。

藤田選手をはじめとしてパナソニックの「野武士」たちは今年こそと、サントリーの3連覇阻止と王者奪還に突き進んでいくだろう。藤田選手の今後の活躍に期待したい。

≪関連記事≫

小塚崇彦がラグビー観戦、観客席に名解説あり?

川崎F・小林悠、おばあちゃんとのLINEのやり取りにホッコリ

ルカク家の兄弟愛にじんわり…互いにリスペクトし合う姿が素敵

瀬戸大也、家族3人での初旅行はディズニーシー…「素敵なパパです!」とファン絶賛