【オーシャンS/穴ライズ】単勝“6人気”前後の盲点 得意条件で「絶好の狙い目」

1着馬に高松宮記念の優先出走権が与えられるオーシャンS。過去10年、1番人気の成績は【3-3-1-3】で複勝率は70%を誇るものの、5~11番人気が5勝をマーク。2012年には9→5→14番人気の決着で3連単の配当は260万超えと大荒れになることも珍しくはない。

また、オーシャンS勝ち馬は次戦の高松宮記念で一度も馬券内に好走したことがなく、2020年の勝ち馬ダノンスマッシュは高松宮記念で10着、19年覇者モズスーパーフレアは15着に大敗してしまっているように、中山と中京では求められる適性が異なってくる。

高配当の立役者となっているのは中山巧者の伏兵。今年はスプリント重賞で2勝を挙げているビアンフェと近走で安定した成績を収めているナランフレグが人気を分け合う形となりそうで他は大混戦のオッズとなりそう。それでも前走のレース内容と中山適性を勘定しながら「穴馬」を発掘することが攻略のポイントとなる。

◆【オーシャンステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“2桁”以上の伏兵 充実期で「初重賞Vがあってもいい」

■マリアズハート

前走のカーバンクルSでは好発から道中は9番手でスムーズに立ち回り、ラスト50mで先に抜け出していた馬をかわすも後ろから追ってきたサンライズオネスト(阪急杯3着)にクビ差で2着に敗れた。

しかし、道中に力みがみられた2走前やテンションが上がってしまい競馬にならなかった4走前の福島TVオープンとは異なり、パドックでもテンションは上がらず、外枠でも掛からずに競馬を進められたレース内容からも気性面での成長がみられた。

デビュー当初は470キロ台とトモがパンとしてこなかったが、馬体の成長を促しながらのローテが功を奏し、近走は500キロを超す筋骨隆々のスプリント体型に変身したマリアズハート。さらに中山競馬場は【4-3-0-1】という結果が示す通り生粋の「中山巧者」でメンバー的にも恵まれた今回はまさしく絶好の狙い目だ。

◆【オーシャンステークス2022予想/穴馬アナライズVol.3】惜敗続きで“人気落ち”の惑星 「今回が最も力の出せるローテーション」

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/追い切り診断】最高評価「S」は有力馬 “前哨戦仕様”を感じさせず「抜群の域」

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/データ攻略-前編】無敗の2歳マイル王 “馬券内率100%”に該当も「差し損ね」に警戒

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-弥生賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします