【金鯱賞/危険な人気馬-後編】条件不問の“優等生”を本命視 「昨年以上の着順があってもいい」

「前編」ではサンレイポケットの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではサンレイポケットに代わる本命、そして穴馬5頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【金鯱賞2022予想/危険な人気馬-前編】実績上位の人気馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【金鯱賞/危険な人気馬-前編】実績上位の人気馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

■前走不利の2頭を高評価

本命には、昨年の金鯱賞で3着に好走したポタジェを指名する。前走のアメリカJCCは3~4角でスペースをなくしてしまい、少し位置を下げてしまう不利がありながらも直線ではしっかり脚を伸ばして5着まで押し上げた。しかし昨年の当レースでは大外枠からインに切り込み、上手く立ち回って開幕週の馬場を味方にしているようにペースや展開問わずに好走できる優等生ぶりは評価せざるを得ない。昨年以上の着順があってもいいだろう。

対抗はレイパパレ。前走の香港カップ(芝2000m)では出負けして中団6番手付近を追走する形となり、直線で3度寄られる不利がありながらも最後までよく伸びていた。結果は6着に終わってしまったが、揉まれると嫌気が差してしまう気性から一転して馬群の中に入れても最後まで脚を伸ばそうとしていたことは評価すべき。恐らく次走の大阪杯へ向けての叩き台となるが、気性・馬体ともに充実期を迎えそうなだけにここはしっかりと押さえておきたい。

以下、押さえでジャックドールアラタシャドウディーヴァソフトフルートとする。ソフトフルートは前走の愛知杯で4着という結果だったが、もともと中京競馬場では【3-0-0-1】と抜群の相性を誇るように生粋の中京巧者。また、番手に付けられる競馬センスも持ち合わせており、ゲートの出方次第で5番手付近を追走できそうなのもいい。ベストコンビの岩田望来騎手と共に上位進出を期待する。

◆【金鯱賞2022予想/危険な人気馬-前編】実績上位の人気馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【金鯱賞/危険な人気馬-前編】実績上位の人気馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】単勝“10人気”前後の爆穴 「前走は負けて強しの好内容」

【金鯱賞/穴ライズ】単勝“10人気”前後の爆穴 「前走は負けて強しの好内容」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】想定“20倍”前後の伏兵 「展開利で連続好走の好機」

【金鯱賞/穴ライズ】想定“20倍”前後の伏兵 「展開利で連続好走の好機」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.3】惜敗続きで“人気落ち”の妙味 「中京なら必ず飛んでくる」

【金鯱賞/穴ライズ】惜敗続きで“人気落ち”の妙味 「中京なら必ず飛んでくる」

金鯱賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】重賞未勝利馬に最高評価「S」 気配絶好で「勝ち負けになっていい」

◆【A評価】人気一角に及第点「A」評価 上積み大で「巻き返しに期待」

◆【A評価】有力馬を上回る高評価「A」は人気薄 素軽さアップで「好勝負必至」

◆【B評価】有力馬に不満の「B」評価 ギアが入らず「前哨戦仕上げ」か

▼データ予想
◆【騎手データ】人気馬に騎乗の名手は“切り候補” 狙うべきは穴騎手の2人

◆【データ攻略-前編】人気一角に警鐘 得意条件も「勝率0%」の壁

◆【データ攻略-後編】「人」の力で浮上する惑星 馬券内率60%で波乱を呼ぶ

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】2年連続Vの「5枠」にはGI馬が入る 注目のジャックドールは3枠に

◆【血統傾向】惨敗続きの穴馬に”妙味” 単回収値「238」の復活を期す重賞馬

◆【脚質傾向】開幕週の中京は「先行決着」濃厚 今年も逃げ残りに注意

◆【前走ローテ】GI馬アカイイトに警鐘 「有馬記念組」に隠された着順の罠

◆【人気傾向】昨年は最低人気が勝利で波乱決着 今年も伏兵馬の浮上なるか

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします