大爆発の西武・栗山巧、ヒーローインタビューがイケメンすぎると話題に

CSファイナルステージ第2戦を終え、セ・リーグは1位広島が2連勝で日本シリーズ進出に王手をかけ、パ・リーグは西武の2勝1敗(アドバンテージの1勝含む)となった。

西武とソフトバンクで争われるシリーズは、これまで2戦ともにお互いの打撃力が真っ向からぶつかり合う展開となり、ファンも楽しんでいる。

西武打線を牽引するベテラン・栗山巧

第2戦、西武の勝利の立役者となったのは栗山巧選手。

2試合連続本塁打を含む3安打6打点の大車輪の活躍を見せた。

栗山選手はプロ17年目の35歳。

最多安打、ベストナイン3度、ゴールデングラブ賞のタイトル獲得経験を持ち、過去にはキャプテンも務めるなどチーム内でも頼れるベテランだ。

この日はお立ち台にも呼ばれ、インタビューでファンへの感謝を伝えた。

ファン愛を忘れない栗山選手に対し、SNS上でイケメンすぎるという投稿が相次いでいる。

10年ぶりの日本一へ

西武が最後に日本一となったのは10年前の2008年だ。

この年、栗山選手は中村剛也選手とともに中心選手として日本一に貢献。最多安打とベストナインのタイトルを獲得した

10年前の歓喜を知るベテランの活躍をファンも期待しているだろう。

≪関連記事≫

西武・森友哉、母校とのW優勝宣言「大阪桐蔭も優勝すると思うので自分たちも」

西武ライオンズ・多和田真三郎の勝ち運ぶりがすごい!打線の援護を引き出し初の最多勝タイトルへ

西武・山川穂高、似てると噂のゆりやんレトリィバァからのアドバイスに「落ち着いていきます!!笑」

衝撃的だった『筋肉番付』での活躍…西武・松井稼頭央が引退