イニエスタがアシックスと契約した理由…本人もシューズ開発に「しつこいと思われるくらい」力を入れている?

アシックスが、10月22日に「ヴィッセル神戸」所属のアンドレス・イニエスタ選手と、アドバイザリースタッフ契約することを都内で発表した。

契約は10月1日から既にスタートしている。イニエスタ選手はスパイクシューズをはじめとするアシックススポーツ用品の使用、商品に対する開発面でのアドバイスなどを行う模様だ。また、広告やカタログ、ポスターおよびインターネットなどのWebでの宣伝や販売促進活動にも協力するとのこと。

イニエスタ選手は今シーズンにFCバルセロナからヴィッセル神戸に移籍した元スペイン代表の選手。同選手はこれまでナイキのブランドを着用しており、来日後も同ブランドを継続して履いてきていた。

契約に至った理由

記者発表会にはイニエスタ選手も登場し、契約に至った経緯などを明かした。

アシックスによると、今回の契約は「アシックス製品がイニエスタ選手本人から高い評価と信頼を得ており、かつ同選手が持つアスリートとしてのビジョンや価値観がアシックス社の企業理念と一致している」ことが理由だという。

イニエスタ選手自身、「私のスポーツマンとしての価値観や信念を体現しているブランドであるアシックスの一員になれてとても嬉しく思っています。世界との差を縮めるべく日本のサッカー界に貢献するとともに、人々に大きな感動を与えられるよう取り組んでいきます。そしてこの契約は、それらを実現するための新たな一歩だと信じています」と今回の契約に好感触だ。

本人曰く「人生の中でも最も大きな決断の一つ」だった日本移住。「日本でどのようにプレーにしていくことを含め、シューズも重要なことの一つ」だった。

そうした中で、今回の契約にあたって「アシックスが自身に伝えてくれたプロジェクトの熱意」と「あらゆる面でサッカー選手をサポートできるシューズを開発するプロジェクトに自分を関わることができること」に心を動かされたという。

「しつこいと思われるくらい」シューズ開発に熱心?

ただ単に商品を利用するだけではなく、「アドバイザリースタッフ」として自身が商品開発に携われることにやりがいを感じたようだ。

実際に、「アシックスの皆さんにはしつこいと思われるくらい(笑)」と本人が明かすほど、シューズ開発へのフィードバックには力を入れている。

こうした背景の中でイニエスタ選手が着用するのは、自身の特徴である周りの選手を引き立たせるようなパスや繊細なボールタッチを引き立てる、フィット性が高い「DS LIGHT X- FLY4」をベースにしてつくられたシューズ。

アシックスストライプや靴底のカラーは、「ヴィッセル神戸」のチームカラーであるクリムゾンレッドにあわせている。

イニエスタ選手が使用するカラーと同じ「DS LIGHT X- FLY4」は、11月3日から一部店舗で先行予約が開始される。11月23日からはアシックス直営店、アシックスオンラインストア、楽天市場など「ヴィッセル神戸」のオフィシャルグッズショップ、一部のスポーツ用品店で、数量限定で発売される。

これからさらに完璧なものに近づけていきたい

同シューズに、イニエスタ選手は以下のように太鼓判を押している。

「選手にとってシューズの履き心地は大事。このシューズを履いたとき、すぐにフィット感を感じた。それからプロジェクトスタッフの方と話して、細かい修正を加えていった。これからさらに完璧なものに近づけていきたいが、既に今の時点で素晴らしいシューズになっていることは、アシックスの皆さんに感謝したい」

《大日方航》

《関連記事》

イニエスタ、日本に関するクイズに全問正解…日本人に対する印象は?

「直筆だよね!?」「ほんとに上手」イニエスタの日本語サインに反響!

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします