【高松宮記念/前走ローテ】中心は前走・阪急杯組 グレナディアガーズには試練のデータ

27日に中京競馬場で行われる第52回・高松宮記念(GI、芝1200m)の過去10年データを紹介する。

昨年、本レース2着、スプリンターズSと香港スプリントでも2着と惜敗続きのレシステンシアに、前哨戦・シルクロードSで重賞4勝目を挙げたメイケイエール、暮れの阪神Cで朝日杯フューチュリティS以来の勝利を飾ったグレナディアガーズら、層の厚い4歳世代が挑む。

ここでは過去10年のデータから、予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【高松宮記念2022予想/追い切り診断】高評価は想定“10人気”以下 GI制覇へ「人事を尽くした調整」

【高松宮記念/追い切り診断】高評価は想定“10人気”以下 GI制覇へ「人事を尽くした調整」

■穴は前走・オーシャンS組

過去10年、最多は前走・シルクロードS組の4勝で【4-2-2-22】の複勝率26.7%と安定した成績を誇る。前走・阪急杯組も【3-3-3-37】で申し分ない成績だが、前走・オーシャンS組は【1-2-4-58】と不振の傾向にある。

シルクロードS 【4-2-2-22】 勝率13.3%、連対率20.0%、複勝率26.7%
阪急杯 【3-3-3-37】 勝率6.5%、連対率13.0%、複勝率19.6%
オーシャンS 【1-2-4-58】 勝率1.5%、連対率4.6%、複勝率10.8%
香港スプリント 【1-0-1-0】 勝率50.0%、連対率50.0%、複勝率100.0%
チェアマンズスプリントプライズ 【1-0-0-0】 勝率160.0%、連対率160.0%、複勝率160.0%

前走・シルクロードS組は昨年4、5着に終わったが、2020年は9番人気のモズスーパーフレアが2位入線で繰り上がり優勝、19年は12番人気のセイウンコウセイが2着の好走を見せ、18年のファインニードル、17年のセイウンコウセイ、16年のビッグアーサーと、2016年から18年まで3連覇の記録もある。

ただし、近年の傾向を見ると、前走・阪急杯組に勢いがある。昨年はレシステンシアが2着、インディチャンプが3着、2020年はクリノガウディーが15番人気で1位入線の4位降着と、大波乱“未遂”の激走を見せ、19年はミスターメロディが優勝と、3年連続で本レースの上位を賑わせている。

一方、不振の前走・オーシャンS組は、2019年3着のショウナンアンセムを最後に、翌20年は1番人気のタワーオブロンドンが12着に敗れ、現在2連敗中。ただし、そのショウナンアンセムは17番人気で3着、18年のナックビーナスも10番人気で3着、13年のハクサンムーンも同じく10番人気3着と、好走時は波乱の使者となる。

今年の登録馬では、好相性の前走・シルクロードS組はメイケイエールシャインガーネット、近年好調の前走・阪急杯組はダイアトニックトゥラヴェスーラサンライズオネストらが出走登録。一方、不振の前走・オーシャンS組はジャンダルムナランフレグなど、穴人気になりそうな馬で、むしろ押さえておくと面白いだろう。

上位人気ではレシステンシアが香港スプリント、グレナディアガーズが阪神Cからの参戦。前走・香港スプリント組は【1-0-1-0】とサンプルが少ないものの、昨年のダノンスマッシュが優勝、2017年のレッドファルクスが3着と好走実績はある。一方、前走・阪神C組は【0-1-0-6】と不振。2020年にはグランアレグリアが2番人気で3位入線の繰り上がり2着と、歴史的名牝ですら敗れており、グレナディアガーズにとっては試練のデータとなる。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】春のGIシリーズが開幕 昨年のリベンジを狙うレシステンシアは4枠に入る

【高松宮記念/枠順】春のGIシリーズが開幕 昨年のリベンジを狙うレシステンシアは4枠に入る

◆【血統傾向】中京芝1200mで浮上する“大穴” 「激走の可能性が高い」

【高松宮記念/血統傾向】中京芝1200mで浮上する“大穴” 「激走の可能性が高い」

◆【脚質傾向】人気一角に“勝率0%”の警鐘 理想ポジションは「好位差し」

【高松宮記念/脚質傾向】人気一角に“勝率0%”の警鐘 理想ポジションは「好位差し」

◆【人気傾向】上位人気の決着例は多数 少点数で攻めるのがベターか

【高松宮記念/人気傾向】上位人気の決着例は多数 少点数で攻めるのがベターか

高松宮記念&ドバイワールドカップデー 2022予想コラム一覧

高松宮記念 予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】有力馬に文句なしの「S」評価 「精神面は特筆レベル」

◆【A評価】レシステンシアに「A」評価 「昨年の鬱憤を晴らす可能性は十分」

◆【A評価】高評価は想定“10人気”以下 GI制覇へ「人事を尽くした調整」

◆【B評価】スプリント初挑戦のGI馬に辛口「B」 脚周りより不安な面とは

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で波乱の立役者に」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“30倍”前後の伏兵 「タフな馬場も問題なし」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「ポテンシャルは他馬と差はない」

◆【危険な人気馬】前走快勝のGI馬は“消し”評価 「不安要素の方が大きい」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で複勝率80%に上昇 軽視禁物の「栗東の名手」とは

◆【データ攻略-前編】メイケイエールのGI初制覇に暗雲、降りかかる「馬券内率0%」とは

◆【データ攻略-後編】雨が追い風に、「連対率100%」が強力後押しする伏兵馬とは

ドバイワールドカップデー  予想コラム一覧

◆【ドバイゴールデンシャヒーン2022予想/3連複5点勝負】日本馬レッドルゼルを本命視 穴は想定“10人気”の地元UAE勢

◆【ドバイターフ2022予想/3連単24点勝負】断然人気シュネルマイスターは「パンサラッサの大逃げに苦戦」

◆【ドバイシーマクラシック2022予想/3連複15点勝負】日本馬5騎から選ぶ“軸馬” 狙いは「妙味ありの外国勢」

◆【ドバイワールドカップ2022予想/3連単36点勝負】チュウワウィザードは“消し”評価、中心は米国最強馬

日経賞  過去10年データ

◆【日経賞2022/枠順・騎手データ】データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【日経賞2022/前走ローテ】動くデータグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【日経賞2022/人気傾向】データグラフから読み解く狙うべき馬とは

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします