【世界フィギュア】宇野昌磨はSP歴代3位となる109.63点で首位 鍵山優真が2位、友野一希3位で日本勢が1−2−3

宇野昌磨(C)Getty Images

世界フィギュアスケート選手権は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、2月の北京で冬季五輪2大会連続となる銅メダルを獲得した宇野昌磨が、自己ベストを大きく更新、ネーサン・チェン羽生結弦に次ぐ史上歴代3位となる109.63点で暫定首位に立った。

また、同じく北京で銀メダルを獲得した鍵山優真は105.69点で2位。さらに昨年の11月に実施されたロシア杯で3位に入った友野一希もこれまた自己ベストを大きく更新する101.12点で3位となり、日本勢が1−2−3と上位を独占する結果となった。

◆「気持ちに嘘をつくな」鍵山優真を“覚醒”させた羽生結弦の助言

■日本勢が1−2−3と上位を独占

宇野は4回転フリップを華麗に決めるなど圧巻の演技で観客を魅了。鍵山は4回転サルコウを綺麗に成功させるなど好演技を連発し、さらに友野は4回転トウループと3回転トウループの連続ジャンプを着氷させるなど持ち前の勝負強さで会場を沸かせた。

演技後に宇野は「SPをまとめることができない時期が続いていたが、今日はステファン・ランビエール・コーチも満足していると思う。なので、フリーも満足のいく演技にしたい」とFSへの意気込みを語った。

男子FS(26日、午後18時55分時開始予定)

友野一希:22番

鍵山優真:23番

宇野昌磨:24番

中継情報
3月26日 フジテレビ(午後21時~23時10分)

◆宇野は歴代3位の自己ベスト109.63点にガッツポーズ フィギュア世界選手権男子SP

◆〝純粋な男〟鍵山優真がSP2位発進 観客パワーに感激「日本の国旗がたくさん見えて」

◆〝代役出場〟友野一希が充実の100点超え!「今までの努力が全て詰まった演技」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします