【MLB】大谷翔平、開幕戦に「1番・投手」でスタメン出場 難敵左腕から豪快アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は7日(日本時間8日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われる開幕戦・ヒューストン・アストロズ戦に「1番・投手」としてスタメン出場する。

大谷は昨季、投げては9勝2敗、防御率3.18、打っては46本塁打、100打点、打率2.67の活躍でア・リーグMVPを受賞した。今季からは、降板後もDHとして出場することができるため、大谷にとっては記録を伸ばす飛躍の年になりそうだ。

◆【速報/実際の映像】開幕投手・大谷翔平、初回からエンジン全開 キレの良い変化球で先頭打者から見逃し三振を奪う

■開幕戦から“二刀流”披露

大谷がMLB移籍後、初の開幕マウンドに上がる。オープン戦では12試合に出場し、24打数7安打で打率.292、3本塁打、7打点と昨年同様の大谷旋風を予感させる活躍を見せた。投手としては2試合に登板し1勝0敗、防御率4.76と数字は残せなかったものの、両日とも直球の最速は150キロ後半を記録している。

相手先発のフランバー・バルデスは昨季11勝6敗、防御率3.14をマーク。大谷がバルデスと対戦した際の通算成績は15打数2安打(打率.133)と相性は悪いが、昨年9月の対戦では、内角のシンカーを右翼スタンドに運んでいただけに、難敵左腕を攻略なるか。今シーズンを占う大谷の初戦に注目だ。

試合情報

エンゼルス-アストロズ
試合開始:日本時間4月8日(金)10:38
中継情報:AbemaTV、NHK総合/サブチャンネル

◆【速報/実際の映像】開幕投手・大谷翔平、初回からエンジン全開 キレの良い変化球で先頭打者から見逃し三振を奪う

◆大谷翔平と二枚看板を形成するノア・シンダーガードが初登板で快投 MLB公式も2人を「最強デュオ」に選出

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします