大坂まり、ITF女子サーキット米フローレンス大会準優勝を報告!ファンから祝福の声多数

女子プロテニスプレイヤーの大坂まり選手が10月22日、インスタグラムを更新。

女子プロテニスのトーナメント「ITF女子サーキット」のアメリカ・フローレンス大会を準優勝したことを報告した。

 

View this post on Instagram

 

Finals at 25k in florence. Big props to the coach @maximekouyate for dealing with me this week. And now I’m literally flying to the next tournament.

Mari Osakaさん(@mari.osaka)がシェアした投稿 –

大坂は10月16日からトーナメントに参加、1回戦から順調に勝ちぬき21日の決勝戦までコマを進めていた。

残念ながらビアンカ・アンドリースク選手(カナダ)との決勝戦を4-6、6-2、3-6で落としたものの、栄えある準優勝を達成。

少しだけ悔しそうな雰囲気を漂わせながらも笑顔でトロフィーを持つ姿に、ファンからは祝福のコメントが寄せられている。

  • Many congrats Mari keep it up(本当におめでとう、マリ!次も頑張ってね!)
  • You just carrying it around in the airport like that ?(そのトロフィー、空港内で持ち歩けたの?)
  • Congratulations the hard work is paying off!(おめでとう!これまでの頑張りが報われたね!)
  • まりちゃーーーん!!おめでとう!!
  • 次の大会も頑張ってね
  • まりちゃん、おうえんしてるからね

また、投稿の中で大坂選手は「Big props to the coach @maximekouyate for dealing with me this week. (今週はマクシムにたくさんお世話になって、とっても感謝しているわ)」と、コーチのマクシム・クヤテ氏への感謝の想いも綴っている。

妹の大坂なおみ選手の大活躍を支えているのがサーシャ・バインコーチだという話は、メディアで多く取り上げられているが、姉の大坂まり選手もまた信頼できるコーチから良いサポートを受けているようだ。

プロテニスプレイヤーは忙しい!大坂マリもすぐに次のトーナメントへ

プロテニスプレイヤーのツアー日程はとても過密だ。大坂選手は準優勝の喜びもそこそこに、次戦のITF女子サーキット・サグネ大会参戦のためにすぐさまカナダへ飛行機で直行。

残念ながらサグネでのトーナメントは初戦をリタイヤで終えてしまったが、今後もまだまだ戦いは続く。マクシムコーチとの二人三脚でのますますの活躍を期待したい。

≪関連記事≫

大坂なおみってどんな人?…人柄や私生活に迫る

大坂なおみ、メンズファッション誌の表紙を飾る!凛々しい姿に大反響

これが世界最強の8人!大坂なおみ、WTAファイナルズに挑戦中

大坂なおみが21歳の誕生日に「テニスとの出会い」を公開…まさかの人物から最高の祝福がもたらされる展開に

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします