米国に残るゴジラ松井の衝撃、Wシリーズ代打ホームランでフィリーズファンのトラウマがよみがえる

野球のワールドシリーズが現地10月23日(日本時間24日)に開幕し、ボストン・レッドソックスが第1戦に勝利した。前田健太投手のロサンゼルス・ドジャースは黒星スタートになっている。

試合はレッドソックス1点リードで迎えた7回、2アウト1、2塁で登板したドジャースのアレックス・ウッド投手が、レッドソックスのエデュアルド・ヌネス選手に代打3ランホームランを浴びる。

この1発が試合を決定づけ、初戦は8-4でレッドソックスが勝利した。

白球がレフトスタンドに消えたのを確認し、1塁を回りながら右手を挙げたヌネス選手。これは2009年の松井秀喜さん以来となる、ワールドシリーズ史上24本目の代打ホームランだ。

MVPの活躍でヤンキースを世界一にした松井秀喜

2003年に巨人からニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井さん。2009年は契約の最終年であり来季去就に注目されながらのシーズンだった。

チームはレギュラーシーズン、ポストシーズンを勝ち上がり6年ぶりのワールドシリーズに進出。松井さんは指名打者としてクリーンナップを任された。

フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズでは、持ち前の勝負強さを発揮して要所で勝利につながる打撃を見せた。

指名打者制度がないナショナル・リーグの球場では代打での起用になったが、第3戦で2試合連発となるホームランを放っている。

この年のワールドシリーズはヤンキースが4勝2敗で勝利。松井さんは打率.615、3本塁打、8打点の活躍で日本人初のワールドシリーズMVPに選出された。

現在のところヤンキースが優勝した最後のワールドシリーズということもあり、その原動力になったニューヨーク最後の大暴れは米国の野球ファンに記憶されている。

代打ホームランの記録がメジャーリーグ公式ツイッターなどで紹介されると、米国のファンからも「松井は常に数字以上に危険な存在だった」「松井のホームランは覚えてるよ」と松井さんの1発を懐かしむ声が寄せられている。

また、松井さんのニックネーム「ゴジラ」はいまでも健在なようだ。

ワールドシリーズ連覇を阻止されたフィリーズのファンからは、今回の記録が掘り起こされたことに「私のトラウマだ」とのコメントが寄せられていた。

≪関連記事≫

【甲子園】星稜が開幕戦を引き当てる!始球式のOB松井秀喜との共演にSNS上でも驚きの声

前田健太に新たなルーティン、悲願の世界一へ「キットカット、きっと勝つ」

前田健太、とんねるず石橋貴明と2ショット…アメリカでの「タカ・タナカ」人気に驚愕

前田健太が広島へ恩返し…豪雨被害に1000万円の寄付「一日でも早く笑顔になれますように」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします