澤柳璃子、幼馴染と対戦!テニス仲間との友情について想いを綴る

女子プロテニスのITF女子サーキット・浜松大会に参戦していた澤柳璃子選手がインスタグラムを更新。

準決勝で「小さい頃から一緒に練習をして頑張ってきた」という盟友・鮎川真奈選手と試合を行ったことをファンに報告。

大会後に行われたバーベキューで他の選手らとともに撮影した仲睦まじい記念撮影を公開した。

 

View this post on Instagram

 

先日の浜松ウィメンズオープンはベスト4にて終了しました。 準決勝の相手は小さい頃から一緒に練習をして頑張ってきた鮎川真奈選手でした。 プロになった今でもこうして同じコートに立ってプレーできて、とても嬉しくそして楽しかったです😊 オフコートでは一緒にバカをしてくれるのは彼女だけです。笑 困った時は話を聞いてくれるし、彼女からはいつもパワーを貰っています。 いつもありがと! そして準優勝おめでとう😊✨ . . 金曜日にはBBQがありました! みんなで楽しく盛り上がりました🙈🎶 テニスをしていたからこそ、このようなたくさんの仲間に出会えたこと、心から感謝です。 テニスをしていて良かったなと、改めて思える機会でもありました。 大会運営に携わってくださった方々、スタッフの皆様、チームエンデヴァー、家族のみんな、そして応援して下さった皆さんありがとうございました! 次は今週末から始まる全日本選手権! 頑張ります😊 . . . #tennis#テニス #大会 #仲間#感謝#enjoy#笑顔#smile #全日本選手権 #3種目出場します #シングルス #ダブルス #ミックスダブルス #応援宜しくお願い致します Photo by てらおよしのぶさん いつも素敵な写真、ありがとうございます!

澤柳璃子 Riko Sawayanagiさん(@rikosawayanagi)がシェアした投稿 –

鮎川選手との準決勝は残念ながら敗れてしまった澤柳選手だが、投稿の中では「プロになった今でもこうして同じコートに立ってプレーできて、とても嬉しくそして楽しかったです」「困った時は話を聞いてくれるし、彼女からはいつもパワーを貰っています。」と、小さい頃からともに切磋琢磨してきた同志への想いを綴っている。

プロテニスプレイヤーとしては勝敗を競い合うライバルであっても、戦いが終われば同じ志をもつ大事な仲間。大勢の仲間とともに笑顔で映る澤柳選手の投稿には、ファンから暖かいコメントが寄せられている。

  • りこちゃんおつかれさん 全日本頑張ってねー
  • りこちゃん、全日本頑張ってください!
  • 初めて試合をはいけんしましたが、トスを失敗した際に相手のプレイヤーに対してスミマセンと言っているのを聞いて、礼儀正しい!?器が大きい!?上手く言葉に出来ないが、そう思いました。

女子プロテニスでは逸材揃いの「華の94年組」

澤柳選手と鮎川選手はともに1994年生まれだが、女子プロテニス界では94年生まれの選手は逸材が揃っており「華の94年組」とも呼ばれている。

2017年の全豪オープン・女子ダブルスで準決勝進出を果たした穂積絵莉選手や加藤未唯選手や、同じく2017年のウィンブルドン選手権の女子ダブルスでレナタ・ボラコバ選手(チェコ)とペアを組み準決勝まで進出した二宮真琴選手など、多くの94年生まれの選手が現在の日本女子プロテニス界を盛り上げているのだ。

 

View this post on Instagram

 

Team Japan🇯🇵❤

Miyu Kato (加藤未唯)さん(@miyukato1121)がシェアした投稿 –

プロ野球では松坂大輔選手をはじめ藤川球児選手・和田毅選手・杉内俊哉さんなどの「松坂世代」が、サッカーでは小野伸二選手・遠藤保仁選手・稲本潤一選手・高原直泰さんなどの「79年組」だ。

日本プロテニス界においても「華の94年組」のより一層の活躍と女子プロテニスの盛り上がりを期待したい。

≪関連記事≫

大坂なおみ、メンズファッション誌の表紙を飾る!凛々しい姿に大反響

ダニエル太郎、秘技「8の字の動き」で驚異の柔軟性を披露!

トップテニスプレイヤーはリフティングが上手い!女子テニス加藤未唯もリフティングを練習中

女子プロテニス尾﨑里紗、錦織圭とのツーショットを披露…2人の楽しそうな様子にファンもほっこり

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします