【世紀の一戦】村田諒太vsゴロフキンは、日本ボクシング史に残る戦い 元五輪王者は引退か…

試合後にお互いを称えるゲンナジー・ゴロフキン(左)と村田諒太(C)Getty Images

現役ボクサー屈指のスーパースター、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の来日で注目が集まった“世紀の一戦”は4月9日、さいたまスーパーアリーナに1万5000人のファンが集めた。

最後は最強チャンピオンの強打に崩れ落ちたが、村田諒太(帝拳)の戦いは全国のボクシング・ファンに感動を与えてくれた。ファイトマネーの合計が20億円という、日本ボクシング史に残る熱戦を振り返ろう。

◆【Twitterの投稿】ゴロフキン、試合後の映像を公開 「村田諒太に敬意を表する!あなたはチャンピオンです。ありがとう!」

■思いどおりの展開に持ち込み、序盤は村田優勢

戦前、専門家たちが考える村田善戦の条件は、ほぼ一致していた。「ゴロフキンのジャブに下がらず、前に出てボディを打つこと。逆にずるずると下がるとチャンスはない」。試合は、まさにその予想どおりの展開となった。

先にリングに上がった村田の顔面は、まったくの無表情。緊張のためというより、無我の境地に達した修行僧のように見えた。一方のゴロフキンは実力が示すとおりの風格と余裕が感じられた。

第1ラウンド開始早々、ゴロフキンのジャブが挨拶代わりに村田のガードの間に突き刺さる。強いジャブに対して、村田は早いワンツーで応戦。「1ラウンドがすべて」と語っていたように、下がらずに踏ん張ることができた。互角。

第2ラウンド、村田は作戦どおり、ボディブローを繰り出す。得意の左ボディに加えて、ベルトラインに打ち込む右ストレートが有効。逆にプレッシャーをかけて前に出る場面も作り出した。村田優勢。

第3ラウンドは、村田のベストラウンド。ボディが効いたゴロフキンは体を丸めて、明らかに嫌がる仕草を見せる。村田は前に出ると、顔面へもワンツー、アッパーを当て、思い通りの展開に持ち込んだ。アップセットの予感に会場から大きな拍手が起こった。コーナーに戻ったゴロフキンの顔から余裕が消えた。

第4、5ラウンドは、ゴロフキンがペースを取り返そうと序盤から強いパンチを振るう。特に、ガードの裏側に打ち込む左右のフックが耳の下をヒット。この得意のパンチが徐々にダメージを与えていく。村田はボディ攻撃で反撃。ほぼ互角。海外メディアは、むしろここまで戦いについて、「村田はゴロフキンに完全に追いついたように見えた」とまで賞賛を送っている。

■左右のフック、ストレートでゴロフキンが形勢を逆転

しかし第6ラウンドで形勢は逆転する。

序盤、ゴロフキンが右ストレートで村田のマウスピースを吹っ飛ばすと、強いコンビネーションが的確に当たるようになる。村田の顔は腫れが大きくなり、形相は鬼気迫る。

第7、8ラウンド、村田は堅いガードとダッキングで致命的な一打からなんとかまぬがれる。しかし前半、有効だったボデイ・ショットが少なくなり、後退するシーンが多くなった。8ラウンド終了後には、明らかなダメージが見てとれた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします