【皐月賞/枠順】ドウデュースは6枠12番 5年連続で連対中の「4枠」には伏兵2騎が入る

第82回・皐月賞(GI、中山芝2000m)の枠順が14日、JRAより発表された。

昨年の朝日杯フューチュリティS覇者・ドウデュースは6枠12番、ホープフルSを制したキラーアビリティは2枠4番、東京スポーツ杯2歳Sから挑むイクイノックスは8枠18番、共同通信杯を制したダノンベルーガは1枠1番に入った。

ここでは過去10年データから、皐月賞の「枠順傾向」を紹介する。

◆【皐月賞2022予想/騎手データ】明暗分かれる人気騎手 条件合致で「連対率75%」の人馬とは

【皐月賞/騎手データ】明暗分かれる人気騎手 条件合致で「連対率75%」の人馬とは

■「4枠」は過去10年のうち7年で馬券内

ドウデュースが入った6枠は【2-0-2-16】で、過去10年では2017年に9番人気でアルアインが制し、19年にはホープフルS勝ちのサートゥルナーリアが1番人気で優勝。上位人気が馬券外に敗れたケースは、2020年5番人気16着のクリスタルブラックしかなく、データ上、枠による不利は見受けられない。

キラーアビリティが入った2枠は【1-1-2-16】、イクイノックスが入った8枠は【1-1-2-37】と馬券に絡んだ回数が互角。8枠は2016年のディーマジェスティが8番人気で優勝したほか、14年のウインフルブルームと20年のガロアクリークがいずれも8番人気で3着と好走しており、イメージほど大外発走の不利はない。

ダノンベルーガが入った1枠は【2-0-0-17】。こちらは案外、好走例が少なく、2014年の2番人気イスラボニータ、20年の1番人気コントレイルが、1枠からの戴冠。前者は続く日本ダービーも2着、後者は無敗の三冠馬であり、ハードルは高めか。ちなみに、2018年にはワグネリアンが1番人気7着、19年にはアドマイヤマーズが2番人気4着、昨年はアドマイヤハダルが3番人気4着と、上位人気が馬券外に沈んでいる。

過去最多3勝をマークし、2着3回3着1回と好走例の多い4枠には、弥生賞3着のボーンディスウェイ、きさらぎ賞2着のダンテスヴューが入った。4枠は過去10年のうち7年で馬券に絡み、2017年に4番人気2着のペルシアンナイトから昨年2番人気1着のエフフォーリアまで、目下5年連続で連対中。

2018年には7番人気1着のエポカドーロが穴を開けるなど、皐月賞とは相性のいい“好枠”であり、今年も4枠の2頭は押さえておきたい。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【血統傾向】単回収値「206」の穴データに“中山の鬼”一族が該当

【皐月賞/血統傾向】単回収値「206」の穴データに“中山の鬼”一族が該当

◆【脚質傾向】キーワードは「上がり2位」の好位差し 優勝候補は2歳GI馬2騎

【皐月賞/脚質傾向】キーワードは「上がり2位」の好位差し 優勝候補は2歳GI馬2騎

◆【前走ローテ】王道ローテは前走・共同通信杯組 “穴”は弥生賞組の人気薄

【皐月賞/前走ローテ】王道ローテは前走・共同通信杯組 “穴”は弥生賞組の人気薄

◆【人気傾向】“幸運”の8番人気に警戒 低評価の重賞ウイナーが穴を開ける

【皐月賞/人気傾向】“幸運”の8番人気に警戒 低評価の重賞ウイナーが穴を開ける

皐月賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】ドウデュースに文句なしの「S」評価 「戴冠を意識できる」

◆【A評価】異例ローテで臨む人気馬に「A」評価 逆風にも“どこ吹く風”

◆【A評価】メリハリある動きで2歳王者を上回る高評価 「持ち前の特徴」を発揮か

◆【B評価】2歳王者の一角に「B」評価 「クラシック」には心もとない

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後 「波乱の使者となる資格は十分」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“20倍”以上 「一段上のレベルアップに成功」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「明らかに過少評価」

◆【危険な人気馬】イクイノックスは“消し”評価 「不安要素のほうが大きい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ドウデュースに「勝率0%」の不安要素 人気の一角には「馬券内率71%」の追い風

◆【データ攻略-後編】厩舎と血統が後押し、波乱を巻き起こす可能性十分の魅力的な穴馬候補

◆【騎手データ】明暗分かれる人気騎手 条件合致で「連対率75%」の人馬とは

アーリントンカップ2022 データコラム一覧

◆【アーリントンC2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【アーリントンC2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【アーリントンC2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします